飯田歯科コラム

歯科コラム

歯周病が原因で顎関節症になりインプラントにする患者さんはたくさんいます

2017年07月30日 (日)

口を開けたときに、あごの骨が「ガクッ」「コキッ」と鳴ったり、「あごが痛い」「口が開けづらい」という症状があったりしませんか。それは、顎関節症かもしれません。中には、顎関節症の治療でインプラントにするという患者さんもいます。今回は、顎関節症とインプラント、さらに歯周病の関係を見ていきましょう。

顎関節症が悪化すると全身に影響も
顎関節症が悪化すると全身に影響も
顎関節症とは、あごの関節に何らかの異常があり、口が開けづらくなったり痛みが出たりすることです。軽症ならば、口を開けるときに音がしたり違和感を感じたりといった程度ですが、重症になるとめまいなど全身に影響を及ぼすことがあります。人前で歌ったり話したりと口を開けている時間が長い芸能人や歌手でも、顎関節症に悩まされている人は多いものです。
顎関節症は、男性よりも女性に患者が多いといわれています。食生活の変化で硬いものを食べなくなり、あごの発達が悪くなったことも一因と考えられ、患者数は増えているといわれます。とくに、20~30代の患者が多いようです。

かみ合わせの異常によって顎関節症になる
顎関節症の起きる原因のひとつに、かみ合わせの異常があります。かみ合わせが悪いと、ものをかむときに力を入れるバランスが崩れ、あごに負担がかかります。かみ合わせが正常になると片側の歯に異常な負担がかかるといったことがなくなるため、あごのバランスがよくなり、顎関節症も改善されてきます。かみ合わせ異常の治療に有効な手段のひとつが、インプラントです。
インプラントは、金属のクギ状のパーツ(インプラント)を歯茎に埋め込み、上から人工歯のかぶせものをすることで歯並びを整える治療です。たとえば、奥歯がないせいで歯並びが悪くなっているというような場合に、インプラントを挿入することで歯並びを補います。

歯周病で歯を失うことも
歯周病で歯を失うことも
歯並びが乱れる原因のひとつに、歯周病があります。ブラッシングがきちんとできていないことで歯茎が炎症を起こし、歯がぐらついたり、最終的には抜けてしまったりといった症状が起きます。歯周病で歯がぐらぐらしたり歯がなくなったりして歯並びが悪くなり、残った歯に負担がかかるため顎関節症になる患者さんも多いのです。こうした場合も、歯並びを補うためにインプラントで治療することがあります。

顎関節症や歯周病を甘く見てはいけない
顎関節症も歯周病も、初期のときは甘く見てしまいがちかもしれません。しかし、放置していると次第に症状が悪化し、口やあごだけでなく全身に不調をおよぼすことがあります。口が開けづらいなどの異常を感じたら、飯田歯科で診察を受けましょう。

バックナンバー

新着コラム
2017年10月15日
白い歯を手に入れたい!毎日できる日常ケアの方法!
笑った口元から見える白い歯は、人に安心感や信頼感を与えます。だからこそ白い歯を手に入れたいと願う人は多いもの。そこで今回お伝えするのは、歯の黄ばみの原因、そして日常ケアで白い歯を手に入れるための方法です。本格的なホワイト ...続きを読む
2017年09月30日
間食の多い人は要注意!ちょこちょこ食いが虫歯リスクを高める理由
「しっかり歯磨きをしているから虫歯にはならない」と自信のある方も少なくないでしょう。しかし、本当に大丈夫でしょうか?しっかりと口腔内のお掃除を心がけていたとしても、もしあなたに間食の習慣があるようであれば要注意です。食事 ...続きを読む
2017年09月15日
歯並びと口内炎の意外な関係
人は外見で判断してはいけないというものの「歯並びが悪い人よりも歯並びが良い人の方が、人間的に信頼できるような気がする」と感じる人は少なくありません。実際の性格や歯並び以外の外見がどれだけ優れていたとしても、笑顔を見せたと ...続きを読む

EPARKネット予約受付中

EPARKネット予約受付中

審美修復GUIDE

審美修復GUIDE

歯チャンネル88

歯チャンネル88

スルガ銀行デンタルローン

スルガ銀行デンタルローン

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
14:30-19:30

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^