飯田歯科コラム

歯科コラム

間食の多い人は要注意!ちょこちょこ食いが虫歯リスクを高める理由

2017年09月30日 (土)

「しっかり歯磨きをしているから虫歯にはならない」と自信のある方も少なくないでしょう。しかし、本当に大丈夫でしょうか?しっかりと口腔内のお掃除を心がけていたとしても、もしあなたに間食の習慣があるようであれば要注意です。食事後のしっかりとした歯みがきは当然必要なことですが、間食の頻度などによっては虫歯の可能性を高めてしまうことがあるのです。今回は間食が虫歯リスクを高めてしまう理由を見ていきましょう。

間食のダメージは一回の食事と同じ!?
間食のダメージは一回の食事と同じ!?
間食は量も少ないし、「食事」とは考えない方も多いでしょう。しかし、歯へのダメージ的には食事とほとんど変わらないのです。一説には、飴玉一個を舐めただけでも一回の食事と同じくらいのダメージがあるとも言われるほどです。食べ物を食べた後は、お口の中の細菌の影響で歯垢(プラーク)が生成され、酸性物質が放出されます。口腔内全体が酸性に傾くため、歯が溶けやすくなってしまうのです。間食には甘い物が好まれることも多いですが、お砂糖は特に細菌にとっても大好きな栄養ですので、酸性物質が多くなり、より歯が溶けやすくなります。

唾液が歯を守ってくれるけど・・
口腔内が酸性になっても、唾液の力で酸性度を薄め、また歯にリンやカルシウムなどの成分を補給してくれるため、溶け出した歯を修復してくれます(再石灰化といいます)。しかし、唾液がいくら頑張ってくれても、間食のせいで頻繁にお口の中が酸性に傾いていたのでは再石灰化が追い付かなくなります。たとえ少しの量の間食でも歯に対するダメージは食事とそれほど変わらないので、つまりは食事をした後に歯磨きをしていないのと同じ状態になるわけです。これで、間食が虫歯リスクを高めてしまうことがお分かりになったかと思います。

でも、おやつは食べたい・・・
でも、おやつは食べたい・・・
間食が歯に良くないことは分かっていても、お腹が空けば何かちょっとつまみたくなりますよね。歯医者さんも「間食は絶対にダメ」と言っているわけではありません。体質や個人差で歯の修復力が弱い、口腔内の清掃が難しいなど、虫歯リスクが高い一部のケースを除いては、間食それ自体はそれほど制限しないことが多いです。ただし、ちょこちょこ食い、ダラダラ食いなどで口腔内に持続的に食べ物が補給されると、その間はずっと口腔内が酸性に保たれてしまいます。それにより、唾液による再石灰化が追い付かず、虫歯ができやすくなってしまいますから、その点は注意が必要です。おやつを食べる時はちょっとつまむ程度。できるだけ短時間で終わらせ、なるべくお砂糖を含まないものを選択するのがベターです。そして、間食後も歯磨きができればベストです。


バックナンバー

新着コラム
2017年11月30日
糖分だけじゃない!実は虫歯の天敵だった「酸っぱい」食べ物!
虫歯を予防するためには、糖分だけ避けておけば良いと思っていませんか?「糖分=虫歯の天敵」のイメージは強いですが、実はもうひとつ虫歯の天敵が存在していることをご存知でしょうか。その答えは「酸っぱい」食べ物です!ここでは、虫 ...続きを読む
2017年11月15日
ダイエット効果だけじゃない!食物繊維の多い食品は歯にも良かった!
様々な食品に含まれている「食物繊維」。ダイエット中には特に意識して摂取したい栄養素として人気を集めています。しかし、食物繊維が持っているパワーはダイエット効果だけではありません。実は歯の健康管理にも一役買ってくれる優れも ...続きを読む
2017年10月30日
就寝30分前の飲食は虫歯のエサになる!寝る前の歯磨きで虫歯対策!
夕食の後、夜食やおやつに手が伸びてしまう人は少なくありません。またあと少しで寝るから我慢しようと思っているにもかかわらず、空腹で眠るのは辛いからとつい何か食べてしまう…という人も多いもの。しかし、実は就寝30分前の飲食は ...続きを読む

EPARKネット予約受付中

EPARKネット予約受付中

審美修復GUIDE

審美修復GUIDE

歯チャンネル88

歯チャンネル88

スルガ銀行デンタルローン

スルガ銀行デンタルローン

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
14:30-19:30

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^