飯田歯科コラム

歯科コラム

子どもが欲しいと思ったら…妊娠前に虫歯の治療や親知らずは抜いておこう!

2018年01月15日 (月)

「妊活」という言葉が生まれ、育休がもらえるようになり日本の社会全体で少子化に対しても妊娠に対しても少しずつポジティブな考え方になってきているのではないでしょうか。そんな未来の妊婦さんに是非とも読んでいただきたいです。妊娠前に歯医者さんへいくことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

妊娠前に歯医者へいくことの大切さ
妊娠前に歯医者へいくことの大切さ
妊娠すると胎児のことを考えて行動をしなければいけません。歯科医院では妊娠している可能性がある人にはあらかじめ伝えてもらうようにしています。
その理由は、以下のことがあるからです。
●抗生物質で妊婦さんに投与できないものがある
●観血的処置(出血を伴う)のリスクがある
●感染症を発症すると胎児へ影響が出る
●出産後は育児に忙しくて通うことが困難になる

抗生物質で妊婦さんに投与できないものがある
抗生物質の中でも比較的安全で妊婦さんにも処方できるものはありますが、中には胎児の硬組織形成(骨や歯)を阻害してしまうものがあります。

観血的処置のリスク
観血的処置は歯科治療につきものです。クリーニングをするときも、抜歯をするときもつきものになりますが、傷口に細菌感染を起こすと胎児にまで影響を与えてしまうことがあります。

感染症を起こすと胎児へのリスクが上がる
感染症を起こすと胎児へのリスクが上がる
感染症とは歯周病や親知らずの炎症のことです。これらは細菌が原因で起きる細菌感染症で血液を流れて胎児へ影響を与えることが報告されています。歯周病の予防、治療や悪化しそうな親知らずがある場合は、妊娠前に抜歯することが推奨されます。親知らずの抜歯後は細菌感染防止のために抗生物質の服用を指示されます。最初の項目で説明したように、基本的には安全な抗生物質が使われますが、妊娠前に抜歯は終わらせるようにしておいた方が安心でしょう。

出産後は育児に忙しい
出産後は育児に忙しくなることが予想されます。歯医者さんへ通うこと忘れてしまっていたり、後回しになってしまって気づいたときには虫歯だらけになっているという人も少なくはありません。妊娠前にはしっかりと歯科検診を受けて、虫歯があれば虫歯の治療も済ませておくと育児が落ち着いてから歯医者へ行っても手遅れということは少なくなります。
現在は研究が進んでいて、歯周病があると低体重児出産につながることや、早産のリスクが高まることも報告されています。赤ちゃんのことを考えるのであれば早めに歯科検診へいきましょう。

バックナンバー

新着コラム
2018年05月15日
酸蝕歯のお助けアイテムは「ストロー」
酸蝕症になってしまった歯を酸蝕歯と呼びます。酸蝕歯になると知覚過敏のように痛みが出たり、歯が黄色くなってしまったりと審美的にも身体的にも良いことがありません。そんな酸蝕歯に対してストローがお助けアイテムとしてピックアップ ...続きを読む
2018年04月30日
ホワイトニング治療はNG?知覚過敏でもできる黄ばみ予防方法
ホワイトニングしたいとインターネットで調べてみても「知覚過敏の方はご使用できません」と表記されていることが少なくありません。知覚過敏で悩んでいる人でも歯の色で悩んでいる人がいますが、なぜホワイトニングを断られてしまうので ...続きを読む
2018年04月15日
「口呼吸」をやめれば出っ歯の進行が防げるかも!
とある研究で口呼吸をしている人は出っ歯になりやすいという研究結果が出ています。なぜ口呼吸をすると出っ歯になるのでしょうか。今回はその原因などについて詳しく見ていきましょう。 ...続きを読む

EPARKネット予約受付中

EPARKネット予約受付中

審美修復GUIDE

審美修復GUIDE

歯チャンネル88

歯チャンネル88

スルガ銀行デンタルローン

スルガ銀行デンタルローン

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030
・電車でお越しの方…泉北高速鉄道線栂・美木多駅から徒歩17分/泉北高速鉄道泉ヶ丘駅 から車で6分/泉北高速鉄道光明池駅から車で7分
・お車でお越しの方…堺泉北道料金所より約15分/阪和道堺ICより約15分

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
14:30-19:30

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^