飯田歯科コラム

歯科コラム

「口呼吸」をやめれば出っ歯の進行が防げるかも!

2018年04月15日 (日)

とある研究で口呼吸をしている人は出っ歯になりやすいという研究結果が出ています。なぜ口呼吸をすると出っ歯になるのでしょうか。今回はその原因などについて詳しく見ていきましょう。

口呼吸と出っ歯の関係
口呼吸と出っ歯の関係
■唇からの圧力がかからない
口呼吸をしているとき口は開いたままです。本来、口の周りの筋肉と舌の舌圧が拮抗するおかげで歯並びが正常になります。口の周りの筋肉は主に唇の周りを取り囲むように分布している口輪筋が有名で、口輪筋は唇同士を合わせることで力が発揮されます。
口呼吸をしている時は口が開いているので口輪筋の力はうまく伝わりません。結果として、唇側からの圧力がかからないので歯が傾きやすくなってしまいます。

■舌で歯を押してしまう
口呼吸をしている人は知らないうちに前歯を舌で押してしまうことがあります。舌で押すだけで歯が移動しないと思っている人も継続は力なりです。毎日舌で押していると歯は傾斜してしまいます。特に成長過程の子供では尚更です。

口呼吸が身体に悪い事
口呼吸は鼻呼吸よりも身体に悪いと言われています。
鼻には鼻毛が生えていますが、鼻毛はただ生えているわけではありません。身体に侵入しようとしてくるウィルスや細菌・花粉などを集めてくれる役割があります。鼻毛が集めてくれる事で感染やアレルギー反応が起きないようにしてくれているのです。口呼吸では鼻毛に相当する器官はなくすぐに粘膜へ外気が当たってしまいます。粘膜に外気がダイレクトに当たることで感染症の発症リスクが上昇します。
また、口呼吸をしている事で口の中が乾燥しやすくもなっているのでドライマウスの患者さんと同じ環境になっています。ドライマウスの患者さんは唾液が分泌されないことで虫歯のリスクや歯周病の進行・口臭に悩まされています。
口呼吸をしている患者さんも同様で、特に前歯の虫歯や歯周病が多く認められています。

どうしたら鼻呼吸になる?
どうしたら鼻呼吸になる?
口呼吸の人は無意識状態で口を開いてしまいます。まずは口を閉じるため、口輪筋を鍛えるようにしましょう。自宅でも簡単にできる方法で、服に使われるボタンに紐をつけます。そのボタンを口の中に入れ、紐は口の外へ出します。
紐を引っ張ってボタンを口から抜こうしてください。ボタンが口から外れないように抵抗すると自然と口輪筋を鍛えることができます。
口輪筋をしっかりと鍛えれば唇同士の接触ができるので鼻呼吸へと移行できます。口呼吸で慣れている人は意識して直さなければいけません。鼻呼吸を意識して生活をしてもらうことも大切です。
口輪筋のトレーニングをしても歯が大きく傾斜してしまった場合は歯科矯正をしなければ治りません。歯科矯正は年齢や顎骨の大きさで方法が変わってきます。一度歯医者さんへ相談してみてください

バックナンバー

新着コラム
2018年04月15日
「口呼吸」をやめれば出っ歯の進行が防げるかも!
とある研究で口呼吸をしている人は出っ歯になりやすいという研究結果が出ています。なぜ口呼吸をすると出っ歯になるのでしょうか。今回はその原因などについて詳しく見ていきましょう。 ...続きを読む
2018年03月30日
甘く見てはいけません!「歯ぎしり」は重病のサインかも
歯ぎしりが何気なく起きていると思っている人が多いですが、実は大きな病気が進行していくサインかもしれません。歯ぎしりをしている人が身近にいる人や自分自身が歯ぎしりをしている人は一度読んで確認をしてみましょう。 ...続きを読む
2018年03月15日
インプラント施術当日はどのような服装や髪型で行くのが良い?
インプラントに向け色々と検査を繰り返しいざ手術当日となった時に、さて、どのような服装でいけば良いのか、ふと疑問になるかもしれません。歯医者さんに行くのにおしゃれをする必要はないのは当然ですが、インプラント治療を受ける時に ...続きを読む

EPARKネット予約受付中

EPARKネット予約受付中

審美修復GUIDE

審美修復GUIDE

歯チャンネル88

歯チャンネル88

スルガ銀行デンタルローン

スルガ銀行デンタルローン

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
14:30-19:30

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^