飯田歯科コラム

歯科コラム

歯根がある場合とない場合のインプラント治療

2017年06月15日 (木)

歯根とは歯の下の部分ですからどのような状態になっているのか、自分で確認することができません。また歯周病などにより歯が抜けてしまった方の場合は、歯根から失われている可能性もあります。インプラント治療は別名「人口歯根」と呼ばれています。つくった歯根をもとに人工の歯を埋め込むからです。従ってインプラント治療は歯根の有る無しに関わらず、行うことが可能な治療方法です。今回は歯根の状態に合わせたインプラント治療方法についてお話しします。

基本的なインプラント治療の流れとは
基本的なインプラント治療の流れとは
まずは基本的なインプラント治療の流れを押さえておきましょう。

■検査と治療計画
現在の歯の状態や、インプラントを埋め込む場所、骨の硬さといった歯の状態は一人ひとり異なります。CTやレントゲンを用いながら検査を進め、カウンセリングを行った上で歯医者さんと治療計画を立てていきます。

■一次手術
歯茎を切り、インプラントを埋め込みます。その後、骨とインプラントが結合するまで3ヶ月から半年ほどの期間、経過を見守ります。歯の状態によって、仮の歯を入れることもできます。

■二次手術
歯茎の状態が回復した段階で型をとり、インプラントの作成に進みます。素材によって見た目や価格、耐久性などが変わりますので、歯医者さんとよく相談して決めましょう。

歯根だけがある場合

上の歯がなく、歯根だけが存在していることは少なくありません。これを「残根」と言います。例えば、以前に抜歯した際に歯根の先が折れて残っていることや虫歯治療を途中で放置したことなどが原因であると考えられています。インプラント治療を行うためには、この歯根を摘出する必要があります。その方法は大きく2種類に分けることができます。摘出手術後、骨の回復を待ちインプラント手術を行う方法と、摘出手術とインプラント埋め込みを同時に行う方法です。どちらの方法で治療を行うべきかは現在の歯の状態によりますので歯医者さんと十分に相談する必要があります。

歯根がない場合
歯根がない場合

歯周病などで完全に歯根がない状態の場合は、基本的な治療内容の手順と異なる点はありません。インプラント治療前に歯周病等の歯の病気を完治させておく必要がありますが、手術は基本的なインプラント治療と同じです。インプラント治療において大切なことは歯根の有無に関わらず、自分と相性の良い歯医者さんを見つけることと言えるでしょう。過去の歯のトラブルや今の歯に関する悩みごとなどをしっかりとお話しできる歯医者さんを見つけ、治療を進めることをおすすめします。

バックナンバー

新着コラム
2018年02月15日
デスクワークじゃないのに肩が凝る…もしかして「歯ぎしり」が原因かも?
デスクワークをしている人の天敵は、腰の痛みと肩こりです。慢性的に悩まされることで職業病ともいえます。デスクワークの人はストレッチをしたり湿布を貼ったりとセルフケアがかかせないでしょう。たまには、仕事終わりにマッサージ店で ...続きを読む
2018年01月30日
インプラントにすべき?失った歯を放置するいくつかのリスク…
歯がなくなっていても放置してしまっている方は意外に多いです。 歯医者へ通う時間がない人や、治療に通うのが億劫な人とさまざまな理由がありますが、歯が抜けているのを放置していると今後大変なことになりかねません。 歯が抜けたま ...続きを読む
2018年01月15日
子どもが欲しいと思ったら…妊娠前に虫歯の治療や親知らずは抜いておこう!
「妊活」という言葉が生まれ、育休がもらえるようになり日本の社会全体で少子化に対しても妊娠に対しても少しずつポジティブな考え方になってきているのではないでしょうか。そんな未来の妊婦さんに是非とも読んでいただきたいです。妊娠 ...続きを読む

EPARKネット予約受付中

EPARKネット予約受付中

審美修復GUIDE

審美修復GUIDE

歯チャンネル88

歯チャンネル88

スルガ銀行デンタルローン

スルガ銀行デンタルローン

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
14:30-19:30

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^