クリニック紹介

怒りの相談室

Q 痛くない歯を虫歯があるからと治療してもらったのに、ものすごく痛くなってしまったのですが・・・・!?なぜでしょうか?
a 歯が痛むのは大変つらいですよね。

当院がわざと痛くなるように処置をすることはないので、この場を借りてきちんと説明しておきたいと思います。

当院では、患者様の歯1本1本を大切にしたいと思っております。大切にしたいというのは、10年後を見据えてよい状態を保ってほしいということです。

単に、抜きたくない、削りたくないでは科学的ではありません。科学的というからには皆様に歯の基本的な知識を知って頂かなくてはなりません。

下図のように、最も硬いエナメル質(歯のよろいで感覚はない)の中に象牙質(感覚あり、歯髄と歯の表面を象牙細管にて結ぶことにより、外の刺激を歯髄に伝えます。歯の中で最も多い部分)があります。

一番中央には、歯髄、一般的に歯の神経があります。虫歯が歯髄まで到達したり、歯が割れたり、歯の形を整えるため歯を削ることにより、歯髄が露出すると取り除かないとだめになります。

歯髄を取ると歯は枯れた状態となり、10年以上経つと噛む力により割れたりすることがあるので、なるべく取らないようにしています。つまり、一部のエナメル質を無理に残して割れて歯髄を取るようになるよりも削ってかぶせる方がいいことも多いのです。

こうして説明を聞くと歯にとって最も大事なのは歯髄のように思われると思いますが、もっと大事なものがあります。

それは、歯の根を支える骨なのです。これを歯槽骨と呼びます。

歯槽骨は歯周病等で溶けてしまうことがあります。歯周病で5㎜以上骨が溶けてしまった場合は急激に進行することもあります。

その歯を残しておくことにより隣の健康な歯の骨まで溶かしてしまい10年後に良い状態を保てません。そのために悪い状態の歯を手術したり抜いたりすることにより骨を多く残すようにしたほうが良いのです。それにより入れ歯を支えたり、インプラントの土台にすることができます。

では、治療して痛みが出る原因を順に説明します。

エナメル質

歯冠部の表面の最も硬い部分です。

象牙質

歯の形をつくっており、歯冠部から歯根部まで歯の中心をなします。

セメント質

歯根部の象牙質をおおって、顎の骨とくっつく役目をします。

歯髄

歯の中(中心部)には一般に神経といわれている歯髄があります。この中には、血管、リンパ管、神経繊維などがあって、歯に栄養を与える大切な役目をしています。

歯肉(歯ぐき)

歯冠の下のピンク色をした粘膜を歯肉といい、歯を支えている骨(歯槽骨)を被って保護する役目をしています。歯肉は歯を守る役目も担います。

歯根膜

歯根と歯槽骨(歯を支える骨)の間にある薄い膜のことで歯根と骨をつなぐ役目をしています。一般に歯が浮く、噛んで痛いという症状にこの歯根膜が炎症を起こしている場合が多いのです。

歯槽骨

歯を支える顎の骨のことを言います。歯肉が炎症を起こして化膿してくるとこの歯槽骨が溶けてきます。それがいわゆる歯槽膿漏です。

Q 神経のある歯に金属を入れたらしみるようになった。
A 虫歯の治療をする際には、材料の強度を保つために、どうしても象牙質にまで削る必要があります。象牙質には象牙細管という細い管があり、そこに刺激(熱や力等)が加わると痛みとして神経が感じ取ります。ただし、その感じ方は象牙細管ごとに異なるので、虫歯が深くてもしみないことや浅くてもしみることが出てきます。修復材料に金属を使った場合、金属は他の材料(プラスチック・セメント等)よりも熱を伝えやすいのでしみる可能性がどうしても高くなりますが、ほとんどの場合治るのでそのまま様子をみていただくことになります。治るまでの期間は個人差がありますが、日常生活に差し障る場合はやむを得ず神経を取らなければならない時もあります。
Q 神経のある歯を治療後ズキズキ痛くなった。
A 虫歯を取る際に、どうしても刺激が神経に伝わってしまいます。そのため、大なり小なり神経が炎症を起こします。治療中は麻酔が効いているので気付きませんが、麻酔が切れるとその炎症が疼きや痛みとして出てきます。多くの場合は安静にさせておくことで治まるのですが虫歯が深い等の理由で炎症が強すぎた場合にその炎症に歯の神経が耐えられない場合が出てきます。その際にはやむを得ず神経をお取りしないとなりませんので、すぐにドクターにご相談下さい。
Q 神経を抜いた後に痛くなった。
A 神経をお取りした後に痛む理由として、次のいずれかが該当します。

A.神経を切断したことによる傷の疼き。
B.根の先の方を触るので、その刺激により歯根膜が炎症を起こしている。(歯根膜の神経は健在です。)
C.まれに神経の構造が複雑な場合。神経が取りきれずに残っていてそれが痛む。
D.根に樹脂を詰めた後に痛む。

通常の治療の場合、AとBは常に起こりうる可能性があることをご了承下さい。
Aは2~3日で回復します。BとDは噛んだ時の痛みとしての症状としても出てきます。症状の強い場合は、投薬や噛み合わせの調整で様子をみます。Cは再度麻酔をおかけして全ての神経を取るということになります。

Q 神経のない歯を治療した後に、腫れたり痛くなった。
A 当院において、神経を以前に取った歯の根の掃除をするということはそこに炎症を起こした履歴が存在する時のみです。その様な場合、現在症状がないということは、炎症が慢性の状態になっているのです。慢性の炎症は刺激によって急性の炎症に転じることがしばしばあります。治療にはどうしても刺激がつきものなので、その刺激によって急性の炎症を起こした場合、痛みや腫れの症状を呈することがあります。ただ、放置していて炎症が治ることは絶対にありませんから、そのような可能性があっても、治療は必要不可欠なのです。治療は極力刺激を抑えるように留意して行っていますが、万一急性症状を出した場合には、投薬等で炎症を抑えていくことになります。
Q 歯を抜いた後に痛くなった。
A 歯を抜くという作業の際、どうしても傷口が生じますので、ある程度の痛みや腫れが出て来ることは十分に予想されます。特に炎症のあった歯や向きの悪い歯な ど、状態の悪い歯は特にこの傾向があります。また、炎症に対する個人差というものもありますので、大きな歯を抜いても平気な方や小さな歯を抜いたのに腫れ る方もいらっしゃいます。極力炎症を抑えるために、患者様の状態(全身・抜く歯)の良い時に抜くことを心がけ、投薬で身体の抵抗力を上げることが効果的で す。炎症の強い期間は1週間~10日が目安です。
 
抜歯後にできた穴は通常、血の蓋で塞がれますが、うがいをしたり、何かに触れたりしてそれが取れてしまった時に骨が露出し、そこに口の中の細菌が感染し て骨の炎症が発生することがあります。この場合は強い痛みが出てきます。放置していても治りが悪いので、このような炎症を起こした場合にはもう一度麻酔し て感染した骨の面を掃除してもう一度血の蓋を付けてやらねばなりませんので、あまりにも強い痛みが持続する場合には来院してください。
Q 歯石をとった後に歯ぐきが痛い。また、歯がしみる。
A シソウノウロウが進行すると歯の根が露出してくることがよくあります。この部分はエナメル質が存在していないので刺激(熱や力)に対してしみることがよくあります。根の部分を歯石が覆い隠すほどついている際には、ある意味刺激が遮断されているのでしみないのですが、それを取るとしみたりするわけです。それなら歯石を取らなければ良いと思われるかもしれませんが、歯石を残しておくと歯石は細菌の温床になりやすいので、更にシソウノウロウが進行して更に歯の根が露出するという悪循環に陥ります。あまりにもひどいとそれで歯が抜けてしまうこともあるので、歯石は取った方が良いのです。しみる歯はフッ素入りハミガキ粉(研磨剤の入っていない)を使ってしばらく歯磨きすると、治る事があるのでご自宅でしてください。また、来院されれば薬の塗布でしみを治していきます。歯ぐきは歯石を取る際に多少は歯肉を傷つけてしまうことがあるので痛くなることがあります。しかし、これはしばらくすると治るので様子をみて頂きます。
新着コラム
2018年05月15日
酸蝕歯のお助けアイテムは「ストロー」
酸蝕症になってしまった歯を酸蝕歯と呼びます。酸蝕歯になると知覚過敏のように痛みが出たり、歯が黄色くなってしまったりと審美的にも身体的にも良いことがありません。そんな酸蝕歯に対してストローがお助けアイテムとしてピックアップ ...続きを読む
2018年04月30日
ホワイトニング治療はNG?知覚過敏でもできる黄ばみ予防方法
ホワイトニングしたいとインターネットで調べてみても「知覚過敏の方はご使用できません」と表記されていることが少なくありません。知覚過敏で悩んでいる人でも歯の色で悩んでいる人がいますが、なぜホワイトニングを断られてしまうので ...続きを読む
2018年04月15日
「口呼吸」をやめれば出っ歯の進行が防げるかも!
とある研究で口呼吸をしている人は出っ歯になりやすいという研究結果が出ています。なぜ口呼吸をすると出っ歯になるのでしょうか。今回はその原因などについて詳しく見ていきましょう。 ...続きを読む

EPARKネット予約受付中

EPARKネット予約受付中

審美修復GUIDE

審美修復GUIDE

歯チャンネル88

歯チャンネル88

スルガ銀行デンタルローン

スルガ銀行デンタルローン

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030
・電車でお越しの方…泉北高速鉄道線栂・美木多駅から徒歩17分/泉北高速鉄道泉ヶ丘駅 から車で6分/泉北高速鉄道光明池駅から車で7分
・お車でお越しの方…堺泉北道料金所より約15分/阪和道堺ICより約15分

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
14:30-19:30

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^