クリニック紹介

勤務医の声とケース

  • 松岡 督明(平成26年10月退職)
  • 平井 幹士(平成27年1月退職)

平成27年1月退職 歯科医師 平井幹士 感想とケース写真

飯田歯科での勤務を終えて

平井幹士

私と飯田歯科の出会いは、大学のOBの先生の紹介でした。初めて来た時は、かなり大規模な歯科医院だったので、かなり驚いたことを鮮明に覚えてます。

 院長は休みの日も、貴重な時間を割いていただいて根管治療からインレー、クラウン、ブリッジ、歯周処置等の一般診療を手取り足取り、教えていただきました。また、院長には普通の勤務医では到底できないような、大きな骨増生を伴うインプラントであったり、包括的診断のもとで行われる全体矯正など、様々なことを惜しげもなく教え、経験させていただき、一歯科医師として、また人として成長させてもらい、感謝しきれないほどです。様々な歯科医院で勤務している先生とも話をしますが、ここまで院長に教えてもらえたり、経験ができる医院は稀だと感じております。

 4年半、勤務させていただいた訳ですから、よく感想文に書かれてあるような綺麗事、いいことばかりではないのは事実です。そのような山あり谷ありの中でも、院長やスタッフの皆様に温かい叱咤激励を受け、ここまでやってこれたのだと感謝しています。
 
最近、歯科医院経営の本では、歯科医院が流行るかどうかの采配は、本来の診療内容ではなく、歯科医院の立地条件やマーケティングであるということが、まことしやかに書かれているものもあります。しかし、私が飯田歯科に勤務させていただいて感じたことは、本来のきちんとした検査、診断、治療内容がしっかりしておれば、患者さんは来てくれるということです。
 
その根底にあるのは、飯田院長の人柄や、20年間きっちりとした治療を積み重ねていき、信頼を得て、さらに人を育てていくことで、今の飯田歯科になったのではないかと思います。
 
今、この文章を読まれている歯のことでお悩みの飯田歯科に来院しようかとお考えの方は、是非とも来院することをお勧めしたいのと、現在、来院している方は安心して治療を受けていただいたらと思います。また、飯田歯科に勤めようか迷っておられる方は、本当に素晴らしい医院、院長、スタッフで、あなたの今後のキャリアや歯科に携わるものとして、素晴らしいものが得られることを確約いたします。
4年半という長いようで短い間でしたが、院長はじめスタッフの皆様、また担当させていただいた患者様にもよくしていただいたことを重ねて大変、感謝致しております。ありがとうございました。

飯田歯科勤務医 平井幹士

ラテラル GBR[平井先生担当]

インプラント治療もたくさん経験させて頂きました。骨のあるところにインプラントをするのは難易度が低いのですが、骨の少ないところやほとんどない場所のインプラントは難易度が数倍上がります。そのようなインプラント治療もたくさん経験させて頂きましたが、その中でも最も難易度が高い手術の一つが上顎洞ラテラルアプローチテクニックです。上顎の奥歯の骨が無くなり、鼻からつながる上顎洞と呼ばれる場所に骨を最初に足して、その骨が自分の骨と同化してからインプラントを埋入するテクニックですが、これも5症例も経験させて頂きました。きちんと指導と実習をしたうえで施術したので、全ての症例で奥まできちんと拳上でき、トラブルも1例もおきずに終了できました。今回はその中での1症例を紹介します。

ラテラル GBR

骨が薄くてこのまま同時にインプラントを埋入するのはリスクが高いです。骨の厚みが2mm以下しかありません。

ラテラル GBR

このようなケースではインプラントを入れる場所ではなく側面に骨に穴を空けて、上顎洞の内部の粘膜を慎重に持ち上げていきます。

ラテラル GBR

持ち上げてできたスペースに骨を充填します。この時は本人からその場で採決した血液製剤と牛由来の代替骨を混ぜる事により塊にしました。これにより上顎洞の中で充填したものが粘膜の中に飛散して上顎洞炎になるのを防ぐ事ができ安全です。また、患者自身の血液中の成長成分も含んでおり早期に自分の骨に置換する事も期待できます。

ラテラル GBR

代替骨を入口まで詰めたところです。

ラテラル GBR

充填した骨に自分の骨が同化してインプラントを埋入するのに十分な骨が出来上がったことがレントゲンでも確認できました。

ラテラル GBR

矯正治療[平井先生担当]

飯田歯科で修業中に、たくさんの矯正の患者さんの治療もさせて頂きました。
そのうちの一つを紹介させて頂きます。

矯正治療

新着コラム
2018年01月15日
子どもが欲しいと思ったら…妊娠前に虫歯の治療や親知らずは抜いておこう!
「妊活」という言葉が生まれ、育休がもらえるようになり日本の社会全体で少子化に対しても妊娠に対しても少しずつポジティブな考え方になってきているのではないでしょうか。そんな未来の妊婦さんに是非とも読んでいただきたいです。妊娠 ...続きを読む
2017年12月30日
歯科医院が感染リスクを抑えるために行っている「滅菌対策」
感染症のリスクは医療現場ではつきもので、感染しないような対策がとられています。 患者さんと医療スタッフでの感染はもちろんの事、患者さん間の二次感染にも注意が必要です。 感染症ウィルスや細菌は目に見えなく、患者さん自身も症 ...続きを読む
2017年12月15日
「反対咬合」型の歯並びの特徴とデメリットについて
「反対咬合(はんたいこうごう)」型の悪い歯並びは、しゃくれや受け口といった悪い歯並びの一種です。これらの悪い歯並びが原因で歯科に来院する患者さんも多く見られます。 今回は、歯医者を訪れる患者さんの歯並びから見る、反対咬合 ...続きを読む

EPARKネット予約受付中

EPARKネット予約受付中

審美修復GUIDE

審美修復GUIDE

歯チャンネル88

歯チャンネル88

スルガ銀行デンタルローン

スルガ銀行デンタルローン

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
14:30-19:30

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^