小児・マタニティ歯科

妊娠中の歯の治療

妊娠中の歯の治療の10のポイント

妊娠中の歯の治療の10のポイント

妊娠の歯科治療がおこなえる時期

治療は妊娠中期(5ヶ月~8ヵ月)であればほとんどの方が問題なくできます。妊娠初期、後期は基本的に応急処置のみ行いましょう。

母子健康手帳

妊娠中の歯の治療には必ず母子健康手帳を持参しましょう。妊娠中の歯の状態のページをチェックしてもらえますし、歯科医院側もあなたの妊娠中の健康状態がよくわかります。

問診票

今、妊娠何ヵ月(何週目)か?産婦人科の主治医の先生は誰か?歯科医療に関するご希望、今の状態は?問診表になるべく詳しく記入してください。

主訴

治療椅子に座った後、あなたの歯の状態をもう一度歯科医師に説明しましょう。そして、今あなたの歯がどういう状態でどういった治療が必要か詳しく歯科医師より説明を受けましょう。
よく納得してから治療を受けることが安心感につながります。

X線撮影(レントゲン)

防護エプロンを着用し、腹部を遮蔽してX線撮影を受けましょう。小さいフィルムのデンタル写真が基本です。必要に応じて全体のうつるパノラマ写真を撮りましょう。防護エプロンをつければ、おなかの赤ちゃんへの影響はありません。

治療時の体位

おなかの張り具合、個人差にもよりますが治療椅子をあまり倒しすぎないで楽な体位を取ってもらえるようリクエストしましょう。

麻酔

歯科麻酔は局部麻酔です。通常量の使用では母子ともに全く影響はありません。リラックスして麻酔の処置を受けましょう。歯科医師は通常より痛みを与えない様に配慮します。

治療

妊娠中期にはほとんどの治療が可能です。ただし妊娠中は抜歯はしないことが多いです。抜歯をするかどうかは歯科医師とよく相談しましょう。

投薬

原則として妊娠中に投薬はしません。ただし痛みがひどい場合は我慢することが逆におなかの中の赤ちゃんに悪い影響を与えるため、産婦人科の先生と相談した上で投薬することもあります。

立ちくらみ、頻尿、つわり

妊娠中は急な体位の変換によって立ちくらみを起こしたりトイレが近くなったり、つわりで嘔吐反射が強くなったりします。治療椅子から立ち上がるときはゆっ くり立ちましょう。また、トイレは我慢しないで治療中でもトイレに行きたいと言いましょう。つわりがひどいときも歯科医師に伝えましょう。

新着コラム
2017年05月15日
虫歯になりやすいワースト5の生活習慣
虫歯は長期的な生活環境が引き起こす病気です。特に生活習慣に問題がある人は虫歯になりやすいという傾向があるため、今回は「虫歯になりやすいワースト5の生活習慣」をご説明していきたいと思います。 ...続きを読む
2017年04月30日
インプラントで変わる生活:男性編
インプラント治療によって日常生活が変わるという話を耳にする機会が多いかもしれません。しかし、具体的にどう変わるのか、大事なところはあまり知られていないのではないでしょうか。今回はインプラント治療後の男性の生活がどのように ...続きを読む
2017年04月15日
インプラントで変わる生活:女性編
インプラント治療の素晴らしいところは、その後の生活がガラリと変わる点です。ここでは女性にとってのインプラント治療のメリットなどを中心にお話ししています。ご自分の生活が変わることをぜひ想像してみてください。 ...続きを読む

EPARKネット予約受付中

EPARKネット予約受付中

審美修復GUIDE

審美修復GUIDE

歯チャンネル88

歯チャンネル88

スルガ銀行デンタルローン

スルガ銀行デンタルローン

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
14:30-19:30

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^