インプラント

スプリットクレスト

スプリットクレスト
抜歯する前の正常な歯と歯の根の状態です。歯の根は歯肉の下で固い皮質骨があり、その中は軟らかい海綿骨があります。
スプリットクレスト
抜歯をすると、歯の外側の骨が主に吸収してしまい、それに伴い外側の歯肉も退縮してしまいます。
スプリットクレスト
このままインプラントを埋入すると、歯肉が下がっているので長い歯になってしまいます。また、インプラントが骨から出てしまっているのでいろいろな刺激で本体が露出する可能性が高いです。このような時にはもちろんこのままではなく紫点線部分まで骨を足すのです。GBR治療にこの部分はアップされておりますが、顆粒が崩れる可能性があります。
スプリットクレスト
より安全に骨の中にインプラントを入れるのに骨を分割する手術方法がスプリットクレスト治療です。
赤線に骨を分割し、赤点を中心に緑斜線部を左側に開きます。
スプリットクレスト
このように開くことにより一番欲しい吸収した部分に本人の生活している骨の塊で覆うことが出来ます。
以前からこの治療方法はありましたが、赤線できれいに分割するのが臨床上は大変なのです。バーで削るとそのバーの幅の骨が無くなってしまいますし、細く削るほどバーの先を冷やすための注水が届かず熱により骨にダメージを与えるからです。最近日本にも導入され始めたマグネティックマレットを使用すると簡単に分割できます。
スプリットクレスト
それでは、何度開くとインプラントを埋入できるでしょうか?社会人になるとあまり役に立たなかった中学数学で計算してみます。
1辺10mmの長さを2x度開くと、2等辺三角形になりますから底辺に垂線を引きます。底辺の長さがインプラントの直径4.45mmになる角度を求めます。
 
2×10×tanx=4.45
tanx=0.225
正接 (tan)の対応表より 
x=12度 の時に0.2126
x=13度 の時に0.2309  ですので、
求めたい角度 2xは約25度になります。
無理なく骨が拡がる範囲内だと思います。
スプリットクレスト
インプラントを安定させるために、動かしていない先と右側の骨(紫部)を削合か器具で押し広げます。
これで、インプラント周囲は自分の骨で囲むことができます。
スプリットクレスト
インプラントを理想的な方向と深さで埋入できます。動かした部分は吸収しにくい皮質骨で覆われていますが、念のために必要であれば吸収しにくい骨材料(紫部)で一層薄く覆いそれが安定するように吸収性のメンブレン(緑色)で覆います。歯肉の奥の厚みがある部分で増えた体積を歯肉が覆うことができるように切断します。(減張切開)。この奥には筋肉もあり術後の腫れや痛みの原因になりますが、手術を成功させるために必要な処置になります。
スプリットクレスト
片方の歯肉が引き伸ばされ骨を増やした部位より離れた場所で縫い合わされます。これにより傷が治癒する間に雑菌により感染するのを防ぎます。通常抜糸は1週間後と2週間後に分けて行います。術後に腫れて膨らみますので、仮の歯の下に食い込んで歯肉に穴が空かない様に仮の歯の下に隙間を開けますので1週間は見た目が少し悪くなります。取り外しの入れ歯を入れている場合は腫れが引くまでは無理に入れないでください。

血液再生療法

自家血液製剤(PRF・CGF・AFG)

自家血液製剤

CGF(PRF)はガラス管表面との接触摩擦によりシリカの為か陰性電価の為か現在は不明であすが、これにより血管破損と勘違いして内因性経路が働き10分くらいで凝固します。遠心力があるために重い赤血球を残してFibrin同士が血小板や白血球を巻き込んで固まった物です。
AFG(Autologous Fibrinogen Glue)自己フィブリノーゲンのり(接着剤)はプラスチック管を使用します。2010年に日本の黄先生(Dr.Huang)により開発されました。
ガラス管ではないためにFibrinogenをFibrin に変えることなく存在します。つまり、
Fibrinogenを多く含む血漿になります。これを骨補填材と共にガラス容器に入れるとFibrinに変化して一緒に固まるのです。

日本でも一時P.R.P.という血小板を濃縮してその中に含まれるGrouth Factorが重要視されていた時代がありました。しかし、その効力はないことがすでに証明されています。
(左3本がCGF(PRF)、右端がAFG)

自家血液製剤
CGF(PRF)を取り出すと上の二つの塊のようなプルンとしたものです。これを潰すと右下の膜のようなものになります。

PRF(CGF)の利用法と治療例

1. PRF(CGF)を抜歯窩や歯根端切除部位に入れて治癒促進

(末梢神経を保護 → 痛み軽減 )
(血液凝固システムが入っているので止血しやすい → 腫れ軽減 )

自家血液製剤

歯の根の先の大きな膿を取り出した後にPRFを入れておくと、一番腫れる二日後でもほとんど目立ちません。痛みもかなり軽減されます。

2. 押しつぶして膜として使用。移植用膜を感染から保護する

押しつぶして膜として使用。移植用膜を感染から保護する

付着歯肉と呼ばれる堅い歯肉がない患者様です。そこにMucoderm というドイツのBotiss社の材料を縫い付けます。

押しつぶして膜として使用。移植用膜を感染から保護する

その上から感染予防のためにPRFの膜を縫い付けています。7週間後には堅い歯肉ができあがっています。この方法は骨を増やす手術にも応用しています。

3. 上顎洞に入れて骨造成の足場として利用

4. PRF(CGF)を小さく刻んで骨移植材と混ぜ、成長因子を含む可能性のある移植材にする

PRF(CGF)を小さく刻んで骨移植材と混ぜ、成長因子を含む可能性のある移植材にする

骨移植材にPRF(CGF)とAFGを混ぜると一塊にすることができます。これを右端のように小さな塊としても使用できますし、全体を塊として使用することにより形が崩れない骨移植をすることができます。これにより大きく骨を増やす手術の成功率を上げることができます。

新着コラム
2017年04月15日
インプラントで変わる生活:女性編
インプラント治療の素晴らしいところは、その後の生活がガラリと変わる点です。ここでは女性にとってのインプラント治療のメリットなどを中心にお話ししています。ご自分の生活が変わることをぜひ想像してみてください。 ...続きを読む
2017年03月30日
ダイエット中の方は要注意!ダイエットのし過ぎで味覚障害になりうる!?
現代生活の中で、知らないうちに意外とかかっている人が多いともいわれる味覚障害。無理なダイエットによる食生活の乱れも、その原因になりうるということをご存知ですか。実は、ダイエットが引き起こす味覚障害には、「亜鉛」が深く関係 ...続きを読む
2017年03月15日
薬の副作用でもドライマウスになります!そんな時はどうすれば良い?
ドライマウスの原因で最も多いのが、薬の副作用です。みなさんが普段から服用する薬の中にもドライマウスの原因となるものがたくさんあります。 ...続きを読む

EPARKネット予約受付中

EPARKネット予約受付中

審美修復GUIDE

審美修復GUIDE

歯チャンネル88

歯チャンネル88

スルガ銀行デンタルローン

スルガ銀行デンタルローン

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
14:30-19:30

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^