インプラント

インプラント治療例(2)

インプラント治療例(1)インプラント治療例(2)

インプラント、骨を増やす治療の事例

※骨を増やす治療の事例の紹介と血液再生療法の説明には少々見辛い画像が含まれています。

インプラント、骨を増やす治療の事例
歯のないところにインプラントを入れる予定ですが歯茎の中央がくぼんでいます。
インプラント、骨を増やす治療の事例
歯茎を開いて骨の状態を見てみると、骨の幅がなくインプラントをするスペースがありません。
インプラント、骨を増やす治療の事例
他の場所より骨を取ってきて埋めた状態です。
インプラント、骨を増やす治療の事例
ゴアテックス社製の膜で補った骨を安定させるよう固定します。
インプラント、骨を増やす治療の事例
半年後に開いて膜を取ると骨の幅が増加しているのがわかります。
インプラント、骨を増やす治療の事例
そこにインプラントを埋めるための穴を掘ったところです。
インプラント、骨を増やす治療の事例
インプラントが入ったところです。
インプラント、骨を増やす治療の事例
術前(上側)と術後(下側)の比較です。
インプラント、骨を増やす治療の事例
上部の歯が入りました。
(上側は下から見たイメージ、下側は横から見たイメージです)
今回は患者様の希望で歯の根元にインプラントの上部が見えるタイプにしています。見た目は少し悪いですが、この方が簡単な歯ブラシで悪くなりにくいのです。

マグネティックマレットを使用した治療例

上顎のインプラント治療に於いて骨造成を併用する機会は多いと思います。その時にはブロック骨移植やGBR今回焦点をあてたソケットリフトとスプリットクレストは古くからあるテクニックです。しかし、従来のソケットリフトの器具では上顎洞底が平らでないと適応ではありませんでした。少し前に開発された上顎洞底拳上用のバーは洞底の形状を問わなくなり応用範囲が広まりました。

マグネティック・マレットはテクニックにより先端を取り換えできます。スプリットクレストにて用いる場合には細いブレード(刃)を取り付け、その後に薄くて平らな金具を取り付けて骨を拡げていきます。通常は時間のかかる骨を割る手順を、細いブレードを使用し無理なく一定量ずつ迅速に行うことができます。また、細いブレードを使用できる為に全く骨を削除する事が無く少ない部位の骨を目減りさせません。そして、骨切削バーが骨の中に深く入った時に注水が届かない事に因る熱のダメージも心配しなくてすみます。

理論的に良い方法だと理解しても、実際にスプリットクレストしたら予後が良くなかった。または、先輩から手法が難しくチャレンジを薦められていない等の理由で試したことが無い歯科医師も多いと思います。多くの症例に実施しているにも関わらず失敗症例が1例もない当院のケースを見て頂けるとなにかのヒントになると思います。

マグネティックマレットを使用した治療例1

マグネティックマレットを使用した治療例1
この患者様の歯のないところにインプラントをします。
マグネティックマレットを使用した治療例1
歯肉を切ることなくマレットで細い器具を入れていきます。
マグネティックマレットを使用した治療例1
少し太い器具に変えて骨を押し広げていきます。
麻酔が効いていますので痛みはありませんし、あまり出血もしません。
また、ほとんど衝撃は感じません。
マグネティックマレットを使用した治療例1
拡がった穴にインプラントを入れているところです。
マグネティックマレットを使用した治療例1
インプラントが3本入った直後です。

マグネティックマレットを使用した治療例2

マグネティックマレットを使用した治療例2
歯肉を切ることなくマレットで細い器具を入れていきます。
マグネティックマレットを使用した治療例2
少し太い器具に変えて骨を押し広げていきます。
マグネティックマレットを使用した治療例2
歯肉と骨が広がった状態です。丸い穴が開いています。
マグネティックマレットを使用した治療例2
この時は骨が固かったためにドリルも併用しています。
しかし、骨が広がった状態で使用しますので、骨からインプラントが露出する心配はありません。
もちろんCTで確認もしてあります。
マグネティックマレットを使用した治療例2
インプラントが埋入された状態です。
出血もなく楽に終了しました。
血をさらさらにする薬を使用している方でも安心して手術できます
新着コラム
2018年01月15日
子どもが欲しいと思ったら…妊娠前に虫歯の治療や親知らずは抜いておこう!
「妊活」という言葉が生まれ、育休がもらえるようになり日本の社会全体で少子化に対しても妊娠に対しても少しずつポジティブな考え方になってきているのではないでしょうか。そんな未来の妊婦さんに是非とも読んでいただきたいです。妊娠 ...続きを読む
2017年12月30日
歯科医院が感染リスクを抑えるために行っている「滅菌対策」
感染症のリスクは医療現場ではつきもので、感染しないような対策がとられています。 患者さんと医療スタッフでの感染はもちろんの事、患者さん間の二次感染にも注意が必要です。 感染症ウィルスや細菌は目に見えなく、患者さん自身も症 ...続きを読む
2017年12月15日
「反対咬合」型の歯並びの特徴とデメリットについて
「反対咬合(はんたいこうごう)」型の悪い歯並びは、しゃくれや受け口といった悪い歯並びの一種です。これらの悪い歯並びが原因で歯科に来院する患者さんも多く見られます。 今回は、歯医者を訪れる患者さんの歯並びから見る、反対咬合 ...続きを読む

EPARKネット予約受付中

EPARKネット予約受付中

審美修復GUIDE

審美修復GUIDE

歯チャンネル88

歯チャンネル88

スルガ銀行デンタルローン

スルガ銀行デンタルローン

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
14:30-19:30

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^