矯正歯科

歯の矯正

歯の矯正治療とは

矯正とは、歯を装置で意図的に動かすことです。矯正は基本的には保険給付の対象とはなりません。(ただし、先先的異常((口蓋裂等))がある場合は保険の対象となります。)
一般的に矯正というと、10歳前後の子供がするものと思われがちですが、実際には5歳~60歳くらいまで幅広い年令層の人がしています。矯正の範囲も1本だけ動かすケースから、全ての歯を動かすケースまであります。歯並びが悪くなくても虫歯が骨の中まで進行し通常なら抜歯しなくてはいけない時でも矯正で歯を骨の上まで引っ張り出すことにより、抜かずに済むようにできます。また、歯周病が進行し骨が一部溶けた時に歯の方向を変えることにより骨の形を平らにして歯周病が進行しにくい形にすることもできます。

小矯正の種類

歯の引き上げ

虫歯が深くなっていたり、歯が破折して骨よりも深くなった時は、昔なら歯を抜くか無理やり奥まで金属を突っ込むしかありませんでした。無理に奥まで突っ込んで治療しても、そこから炎症を起こして骨が溶けることも非常に多く、また、歯が破折しやすいので結局骨も溶けたより悪い状態で歯を抜かないとダメになることが多かったのです。そこで、歯を引き上げてから治療するということが考えられるようになりました。歯の引き上げには、矯正でする方法と、一旦歯を抜いてから出す方法があります。しかし、一旦歯を抜くとどうしても根の周囲の組織に傷が出来る事があり、そのために徐々に根が骨に吸収されることがあります。その代わりに安価で治療を受けられるというメリットがあります。(他のページ参照)それと比較して矯正で出してくると安全に根を引き出せますが、費用が通常1本50,000円程かかります。

歯の引き上げ

むし歯の部分
緑色の線はむし歯の部分です。
黄色い線の部分を引き上げました。
歯周病が進行して骨が溶けている
また、歯周病が進行して骨が溶けている時にも有効です。そのまま、歯周外科の処置をしてしまうと、隣の健康な歯の骨も削らないといけないときにも(図1の……線部の状態になります。)使用できます。小矯正の引き上げを行ってから(図2)……線部の骨を整えると、隣の歯の骨を残したままで骨を平らにでき、歯周病のさらなる進行を止めやすくなります。また、同様の方法で、インプラント前に骨が少ない所の骨を確実に増加させたい時にも使えます。

治療の流れ

治療の流れ
歯周ポケットにレントゲンの造影剤を入れて撮っています。奥歯の手前の根の周りの骨が先まで溶けているのが確認できます。
このまま手前の根だけを抜くと骨のくぼみが残るのと奥の根が傾きすぎて咬む力に対して弱いです。
治療の流れ
まず、歯を立てて、向きを調整します。
治療の流れ
奥歯を2つに分け、手前の根を引き上げています。これにより骨が溶けている所がなくなり、さらに骨が増加しています。今後、この手前の根を抜き、ここにインプラントをする予定です。
治療の流れ
手前の根を抜き、ここにインプラントをしました。

歯の根の引き離し

歯の根の引き離し

歯の根と根の間が狭い所に歯周病が進行して歯が溶けると、歯周病は急速に進行してしまいます。左図のように同じ体積の骨が溶かされた時(斜線部)に根の先の深い所まで進行してしまうためです。
そこで、図Bのように根と根の間を矯正により広げると歯周病の進行防止になります。費用は1本につき50,000円~70,000円程度かかります。
奥歯2本の根と根の間の骨が歯周病で溶かされています
奥歯2本の根と根の間の骨が歯周病で溶かされています。このままでは根の深いところで歯周病が進みやすくこのままでは2本とも歯が抜けてしまいます。
奥の歯のCの根だけを抜き、奥より2本目の歯は真ん中で分け、ABを別々に
そこで奥の歯のCの根だけを抜き、奥より2本目の歯は真ん中で分け、ABを別々にします。矯正をしてそれぞれの歯の向きを整えます。
歯ブラシがしやすい状態
歯の根の間が十分に開き、歯ブラシがしやすい状態になりました。歯周ポケットもなく、骨も安定しています。
上にブリッジが入った状態
上にブリッジが入った状態です。
骨もさらに安定し、レントゲンでもはっきりわかります。

前歯が受け口になった時(上の前歯が下の前歯より奥になった時)

前歯が受け口になった時(上の前歯が下の前歯より奥になった時)

5歳~8歳になると初めて乳歯が抜けて永久歯が生えてきます。
最初に前歯が抜けるのですが、時々上の前歯が下の前歯より奥に生えてくる時があります。このまま放置していると下あごの成長が促進され、本当の(骨格からの)受け口になってしまいます。
そのため、この時期に矯正して前歯の噛み合わせを正常にしておくことが重要です。
また、歯がねじれている時も、歯を動かすスキマがあれば、この時期に矯正しておくと後戻りしにくく、歯が削れて変な形になるのを防ぐことができます。
費用は60,000円~80,000円でできます。
ただし、歯を動かすスキマのない時は様子をみてもう少し大きくなってからすることもあります。

その他の小矯正

5歳~8歳になると初めて乳歯が抜けて永久歯が生えてきます。
最初に前歯が抜けるのですが、時々上の前歯が下の前歯より奥に生えてくる時があります。このまま放置していると下あごの成長が促進され、本当の(骨格からの)受け口になってしまいます。そのため、この時期に矯正して前歯の噛み合わせを正常にしておくことが重要です。
また、歯がねじれている時も、歯を動かすスキマがあれば、この時期に矯正しておくと後戻りしにくく、歯が削れて変な形になるのを防ぐことができます。費用は60,000円~80,000円でできます。ただし、歯を動かすスキマのない時は様子をみてもう少し大きくなってからすることもあります。

インプラントアンカー

インプラントアンカー

当院では最新のインプラントアンカーシステムを採用しています。
これを埋める時はほとんど痛みがないです。
なぜこのシステムがよいか写真を見てもらいましょう。
写真の矢印の部分がインプラントアンカーです。
ゴムをつけていますが、通常だと奥歯と引っ張りあいをすることにより奥歯が前にずれてしまい、前歯がきれいに並ばなくなる(十分に中に入らなくなる)ことがあるのです。
しかし、このシステムだと奥歯を使わずにインプラントアンカーを使用して引っ張るために奥歯がずれる心配が全くありません。昔はこのような時には家で帽子等をかぶり、それにつけた装置で奥歯の位置を調節したのですが、インプラントアンカーの方が患者様のわずらわしさもなく、より確実なのです。

審美矯正 ~矯正はしたいけど見た目が気になるあなたへ~

場合によっては歯の裏側に装置をつけることもできます。(舌側矯正)その場合は少し割高となる時もあります。
また、歯の表につける時も白色で目立たない色の装置もあります。上下につけると50,000円で、片方のみだと、30,000円かかります。
また、5個までだと、20,000円となります。

白いブラケットを使用したケース
白いブラケットを使用したケース(針金は銀色)。費用は上記

白いブラケットと透明なワイヤー(プラスチック)
白いブラケットと透明なワイヤー(プラスチック)を使用したケース。費用はもう少し高くなります。

舌側矯正

歯の裏側に装置を付けるために表側からはほとんど見えません。
ただし、部分矯正の場合は咬みこみがきつい方には使用できない事があります。費用は通常の矯正の2倍程度必要です。

治療の流れ

白いブラケットを使用したケース

1.矯正を始める前です。歯と歯の間に隙間があります。

白いブラケットを使用したケース

2.装置をつけました。

白いブラケットを使用したケース

3.矯正中ですが、前から見ても装置は見えません。

INVISALIGN(インビザライン)

白いブラケットを使用したケース

invisalign(インビザライン)は透明のマウスピースを用いた矯正です。当院も正式にインビザラインの登録医院となりました。
マウスピースを矯正治療で用いる方法はいくつかありますが、世界で最も進んでいるのがインビザライン社のコンピューターを駆使した方法です。世界で6万人以上の先生方が認定を受けて140万人以上に実績があります。
その特徴は・・

1.高い審美性!
透明のアラインーと呼ばれる特殊なマウスピースを装着して いても目立つことがありません。 従来の固定式の装置と比べて、装着による不快感や見た目を気にすることなく、 矯正を行うができる、新しい矯正治療法です。

2.快適な装着感!
従来の固定式の矯正器具のように口の中または歯茎を刺激することが無いため、 スポーツや楽器演奏などアクティブに活動する方々にも適した治療法です。

3.健康な衛生状態を保ちやすい!
いつでも取り外し可能なアライナーは、簡単に歯ブラシが出来ますし 虫歯や歯周病の原因となるプラークが蓄積しにくいのも魅力的です。アライナーを少しずつ変化させたものを2週間ずつはめていくと歯が揃ってきます。

白いブラケットを使用したケース

調整料について

100,000円以上の矯正については1回1,500円の調整料がかかります。

全体の矯正(上下の歯列全体を動かす矯正)

いわゆる一般的な矯正治療です。
当院では下あごが伸びすぎて手術して切るようなケースを除き全てやっております。前述の小矯正で対応できない場合は全体で矯正するしかありません。
出来るだけ歯を抜かずに行いますが、歯を抜かないと上下がキレイに噛み合わなかったり、前歯がですぎて猿のような顔になると困ります。そういう時には犬歯の一つ後ろの第一小臼歯という歯を抜くことになります。この歯は統計的に弱く一番初めに失いやすいためここの歯を抜くのです。それにより、歯を並べるスキマを作りキレイに並べるようにします。12歳くらいまでだと上あごは横に広げることができるため、抜かずに出来る可能性が高くなります。

期間と費用

歯を抜かずに並べられる場合
期間:1年~1年半
費用:500,000円~555,000円

歯を抜かないと並べられない場合
期間:2年~2年半
費用:555,000円~600,000円

保定装置の種類

取り外しのきく入れ歯のような方法と、歯の裏側に針金を通しレジンで固定する方法とがあります。取り外しの装置は患者様本人で食事の時のみはずし、それ以外ははめておいてもらいます。半年くらい経って後戻りの様子がなければ週2日は日中もはずせるようになり、そのうち夜のみの装着でよくなります。さらに、2年以上過されば、夜も週1日だけはめればよくなります。この週1日夜装着するのは、もともと歯並びが良い人も、年齢とともに歯が、がたがたしてくる人も多いので、それを防止するためです。この取り外しの装置は患者様本人が自分の意志で入れないとだめな為、入れ忘れていると歯が後戻りしてしまうという危険があります。また、歯みがき粉で磨くと傷ついたり、お湯や乾燥での変形や、割れてしまう危険もありますので、取り扱いには注意してください。
最近は目立たない表面がプラスチック製の審美的なものも用意してあるので、希望される方は医師に相談してください。
歯の裏側にプラスチックで固定する方法は患者様本人で取り外すことは出来ません。それゆえ、つけ忘れの心配がないことと、長期に違和感が少なくつけられます。しかし、取り外すタイミングが分かりづらい欠点があります。また、プラスチックがはずれていると当然後戻りしてしまいますので、外れた場合はすぐに当院へいらして下さい

取り外しの出来る保定
取り外しの出来る保定
歯の裏側に針金をプラスチックで固定する保定
歯の裏側に針金をプラスチックで固定する保定
取り外しの出来る保定
取り外しの出来る保定を入れました
プラスチックで固定する保定
上の歯は取り外しの出来る保定を入れ、下の歯は裏側に針金をプラスチックで固定する保定を入れました
新着コラム
2017年07月15日
顎関節症と矯正歯科による矯正治療で変わること
顎関節症の主な原因のひとつに「噛み合わせ」があります。噛み合わせが原因の顎関節症で多く見られるのが不正咬合です。不正咬合とは、歯並びが悪く、正しい咬合が行えていない状態を指します。不正咬合にはいくつかの種類がありますが、 ...続きを読む
2017年06月30日
恐怖心の強い方にも安心・安全な「笑気麻酔」
歯科治療に対する恐怖心が強い人にとって歯医者さんへ行くのはとても辛いことですよね。そんな人の為に使われる治療法が笑気麻酔です。「今まで怖くて歯医者さんへ行けなかった」という人も笑気麻酔がどのように使われるかを知ることで少 ...続きを読む
2017年06月15日
歯根がある場合とない場合のインプラント治療
歯根とは歯の下の部分ですからどのような状態になっているのか、自分で確認することができません。また歯周病などにより歯が抜けてしまった方の場合は、歯根から失われている可能性もあります。インプラント治療は別名「人口歯根」と呼ば ...続きを読む

EPARKネット予約受付中

EPARKネット予約受付中

審美修復GUIDE

審美修復GUIDE

歯チャンネル88

歯チャンネル88

スルガ銀行デンタルローン

スルガ銀行デンタルローン

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
14:30-19:30

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^