飯田歯科コラム
歯科コラム

歯並びと口内炎の意外な関係

2017年09月15日 (金)

人は外見で判断してはいけないというものの「歯並びが悪い人よりも歯並びが良い人の方が、人間的に信頼できるような気がする」と感じる人は少なくありません。実際の性格や歯並び以外の外見がどれだけ優れていたとしても、笑顔を見せたときにその人の印象が大きく変化してしまう可能性大です。それなら中身を磨いて挽回すれば良いと思う方もいるかもしれませんが、歯並びが悪いことによるデメリットはそれだけではありません。そのデメリットは「口内炎」。今回は、歯並びと口内炎の意外な関係についてお伝えします。

口内炎ができる原因とは?
口内炎ができる原因とは?
口内炎とは口の中の粘膜が細菌に感染することで起こる炎症のことを言います。口内炎にはストレスや疲れが溜まっているときや、偏った食生活を続けているときにできやすいイメージがあるかもしれませんね。もちろん、それらも原因のひとつではありますが、食生活や日常生活に特に問題がないのに、なぜか口内炎が繰り返しできてしまうという方はいませんか?その口内炎、原因は歯並びの悪さにあるかもしれません。

歯並びが悪いと口内炎ができる理由
歯並びが悪いと、必然的に噛み合わせも悪くなります。その結果、食事を噛むときに口の中を何度も噛んでしまう、飛び出している歯がいつも粘膜を刺激しているなど、口内炎になりやすい環境が自然と生まれてしまうもの。しかも、自分では口内環境をコントロールすることができません。
傷ついた粘膜は細菌に感染しやすく、いくら食生活や生活習慣を改めたとしても粘膜を傷つける根本部分の問題解決をしないかぎり、口内炎はなくなりません。自分の歯並びについて詳しく知りたい人は、まずは近くの歯医者さんへ。歯並びに対する相談と共に口内炎ができる悩みも打ち明けることで歯科医師より的確なアドバイスがもらえることでしょう。

歯並びの悪さからできた口内炎が及ぼす悪影響
歯並びの悪さからできた口内炎が及ぼす悪影響
誰でも、口内炎ができている状態は嫌なものです。食事をとると痛みが発生するため、食欲も落ちてしまいますし、痛みや違和感が気になり人とコミュニケーションをとるのも億劫になりがち。さらに口内炎ができていると、自分では気づかないうちに口臭も強くなってしまいます。歯並びが悪いということは人からの印象を悪化させるだけでなく、人とのコミュニケーションも変化させてしまうのです。特に頻繁に口内炎ができている人は、たかが歯並びと軽く考え過ぎず、まずは早急に飯田歯科に行くことをおすすめします。


新着コラム
2019年06月29日
口腔の自浄作用と機械的清掃法
従来、口腔機能には、歯や歯周組織の形態や機能、唾液の作用および咀嚼機能などによる生理的な自浄作用があります。 つまり、唾液の流動性による洗浄作用や舌、唇および口腔周囲筋の働きによって、食物残渣などの沈着物を物理的に除去す ...続きを読む
2019年06月22日
歯医者がすすめるハミガキの方法
正しいハミガキの方法を皆さんご存知ですか?テレビで紹介されたり、インターネットで調べれば色んな方法が出てきます。種類が多くて結局どれが本当に正解か分かりませんよね。実は、どれも正解なんです。ただし、お口の中は千差万別で自 ...続きを読む
2019年06月15日
予防歯科について
飯田歯科には、衛生士が主に担当し 歯科医と連携して 虫歯の予防や歯周病の予防 初期治療やクリーニングを行う予防歯科があります。 ...続きを読む

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030
・電車でお越しの方…泉北高速鉄道線栂・美木多駅から徒歩17分/泉北高速鉄道泉ヶ丘駅 から車で6分/泉北高速鉄道光明池駅から車で7分
・お車でお越しの方…堺泉北道料金所より約15分/阪和道堺ICより約15分

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
13:30-18:30

【平成31年2月より午後の診療時間が変更となります】
13:30-18:30 → 14:00-19:00になります
(受付終了時間は19時まで)

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^