飯田歯科コラム
歯科コラム

就寝30分前の飲食は虫歯のエサになる!寝る前の歯磨きで虫歯対策!

2017年10月30日 (月)

夕食の後、夜食やおやつに手が伸びてしまう人は少なくありません。またあと少しで寝るから我慢しようと思っているにもかかわらず、空腹で眠るのは辛いからとつい何か食べてしまう…という人も多いもの。しかし、実は就寝30分前の飲食はとても危険。飲食してそのまま眠ってしまうと、歯についたものが虫歯のエサになると考えてください。つまり虫歯予防には、寝る前の歯磨きは必須。ここでは、寝る前の歯磨きの重要性と、虫歯対策に役立つ歯磨き粉についてご紹介します。

寝る前の歯磨きと唾液の関係
寝る前の歯磨きと唾液の関係
日本では、食事を終わらせた後、すぐに歯磨きをすることが推奨されています。それも良いことではあるのですが、歯医者さんの中でより重要視されているのは、実は寝る前の歯磨き。就寝中は、ほとんど唾液が出ていないため、虫歯が繁殖しやすい状態です。いくら歯磨きをしても、細菌数をゼロにすることはできませんが、寝る直前に歯磨きを行うことで、細菌数を減らすことができます。
口の中の細菌数は少なければ少ないほど良いもの。また虫歯菌は、数が増えない限り歯に悪さをすることはありません。寝る直前の歯磨きは、虫歯予防に関して何より効果的だと言えるでしょう。

寝る前には「フッ素配合」の歯磨き粉の使用がおすすめ
フッ素には、虫歯の進行を防ぎ、虫歯を予防する効果があります。しかし、昼間、起きている間にフッ素を隅々まで行き届かせることは難しいもの。しかし、寝る直前にフッ素配合の歯磨き粉を使うことで、寝ている間に口の中にフッ素を浸透させることができます。その理由は、就寝中は唾液の分泌量が少なく、飲食をすることもないため高濃度のフッ素を維持することができるため。
もちろん、寝る前以外の通常時にもフッ素配合の歯磨き粉使用はおすすめです。最低でも寝る直前と、プラスもう1~2回はフッ素配合の歯磨き粉を使いましょう。

寝る直前の飲食はできるだけ控えましょう
寝る直前の飲食はできるだけ控えましょう
フッ素配合の歯磨き粉を使うなど対策はあるものの、虫歯予防に一番効果的な方法は寝る直前に飲食しないこと。起きている時間帯であれば虫歯のエサになるまでに唾液で流されてしまう食べかすも、寝ている間はずっと歯にくっついたままという可能性大です。
さらに寝る直前の飲食は、歯だけでなく胃にも負担をかけてしまうもの。寝る直前に何か口にしたくなったときは、あたたかい白湯を飲むなどして気を紛らわせる方法も良いでしょう。しかし、誘惑に負けてどうしても何か食べてしまった場合は、昼間以上に念入りに歯磨きをすることをおすすめします。


新着コラム
2019年06月29日
口腔の自浄作用と機械的清掃法
従来、口腔機能には、歯や歯周組織の形態や機能、唾液の作用および咀嚼機能などによる生理的な自浄作用があります。 つまり、唾液の流動性による洗浄作用や舌、唇および口腔周囲筋の働きによって、食物残渣などの沈着物を物理的に除去す ...続きを読む
2019年06月22日
歯医者がすすめるハミガキの方法
正しいハミガキの方法を皆さんご存知ですか?テレビで紹介されたり、インターネットで調べれば色んな方法が出てきます。種類が多くて結局どれが本当に正解か分かりませんよね。実は、どれも正解なんです。ただし、お口の中は千差万別で自 ...続きを読む
2019年06月15日
予防歯科について
飯田歯科には、衛生士が主に担当し 歯科医と連携して 虫歯の予防や歯周病の予防 初期治療やクリーニングを行う予防歯科があります。 ...続きを読む

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030
・電車でお越しの方…泉北高速鉄道線栂・美木多駅から徒歩17分/泉北高速鉄道泉ヶ丘駅 から車で6分/泉北高速鉄道光明池駅から車で7分
・お車でお越しの方…堺泉北道料金所より約15分/阪和道堺ICより約15分

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
13:30-18:30

【平成31年2月より午後の診療時間が変更となります】
13:30-18:30 → 14:00-19:00になります
(受付終了時間は19時まで)

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^