飯田歯科コラム
歯科コラム

ストレスで歯周病が悪化する恐れがあります

2018年07月30日 (月)

歯周病や虫歯の原因が細菌だということをご存知でしょうか?人間の体内では、免疫システムが関係してきます。この免疫システムと細菌の活動性は、シーソーゲームのように行ったり来たりをしますが、通常は均衡が保たれているか免疫システムの方が優位になっています。しかし、細菌の活動の方が優位になると歯周病や虫歯が悪化することがあります。今回はストレスと歯周病の関係について説明していきます。

歯周病とは
歯周病とは
歯周病は、細菌が原因で発生します。細菌は歯と歯茎の間にある歯周ポケットと呼ばれる溝に存在していて歯周ポケット内を好みます。歯周ポケットは酸素が届きにくく、酸素を嫌う歯周病原因細菌に折ってみれば最高の環境なのです。
歯周病が進行していくと以下の症状が出てきます。
●顎の骨が溶ける
●口臭
●歯茎が痩せて下がる
●歯がグラグラする
これらの症状が出てきたら歯周病になっていると考えられるので、歯医者さんにみてもらうことが賢明です。

ストレスがかかるとなにが悪い?
身体には自律神経というのがあります。自律神経は副交感神経と交換神経で構成されていて交感神経と副交感神経もシーソーゲームの関係ですが、ストレスがかかると交感神経が優位に働くようになります。これを踏まえてですが、ストレスがかかると唾液の分泌が低下します。唾液分泌は副交感神経によって司られています。交感神経優位になると副交感神経の働きが弱まるので唾液の分泌が悪くなるのです。唾液には細菌の活動を抑制させる効果があり、通常であれば、歯周病原因となる細菌も活動を弱らせていますが、唾液分泌が低下すると細菌の活動は活発になります。また唾液は、虫歯予防効果も期待できます。

血流も悪くなる
血流も悪くなる
交感神経が優位になると、身体が緊張している状態と同じになります。緊張していると血流が悪くなるので、歯茎への血液供給も悪くなります、血液中には免疫システムに関係するリンパ球なども含まれていますが、運搬がうまくいかず歯茎での免疫システムがうまく働かなくなるのです。そうなると、細菌は活発に活動し、歯周病の進行が進んでいきます。
寝る前にストレッチをすると血行が良くなって寝つきがよくなるというのは、副交感神経を優位にする効果があるからで、免疫力が低下していると感じた時は、ストレッチなど副交感神経を優位にする方法を試してみましょう。ストレスを溜まったままにしているのは、身体にいいことは何もないのです。

新着コラム
2019年05月10日
小児歯科 顎の発達、発育の評価方法について
お子さまの脳頭蓋や顔面頭蓋の発育を客観的に評する方法として、頭部エックス線規格写真という分析方法があります。 ...続きを読む
2019年05月9日
歯の加齢による変化
お肌の悩みは、年齢によって異なりますよね。ニキビ、シワ、たるみ、シミ… 加齢とともに体に変化が起きます。 それは、口の中(口腔)も同様です。 今回は口腔の加齢変化についてお話しします。 ...続きを読む
2019年05月8日
虫歯を予防する
虫歯は、多くの方が経験したことのあるお口の病気です。実際に歯医者に来られる方のほとんどが、虫歯か歯周病が原因で来院されます。 かつては大流行した虫歯ですが、最近では幼児の虫歯が過去に比べて減ってきているのをご存知ですか? ...続きを読む

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030
・電車でお越しの方…泉北高速鉄道線栂・美木多駅から徒歩17分/泉北高速鉄道泉ヶ丘駅 から車で6分/泉北高速鉄道光明池駅から車で7分
・お車でお越しの方…堺泉北道料金所より約15分/阪和道堺ICより約15分

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
13:30-18:30

【平成31年2月より午後の診療時間が変更となります】
13:30-18:30 → 14:00-19:00になります
(受付終了時間は19時まで)

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^