飯田歯科コラム
歯科コラム

歯の詰め物や被せ物の寿命はどれくらい?

2018年09月30日 (日)

歯医者さんで治療したあと歯の詰め物や被せ物が突然取れてしまったという経験は、多くの方がされるのではないでしょうか。あらかじめ寿命や寿命を縮めてしまう原因を知っておくと歯のお手入れにも目安ができて便利ですよね。以下に詰め物や被せ物の寿命と寿命を縮めてしまう原因をまとめました。

詰め物や被せ物は10年持たない?
詰め物や被せ物は10年持たない?
詰め物や被せ物の寿命は、平均で5年から7年と言われています。意外と短いと思われる方が多いかもしれません。素材やお口の中の環境によって違ってきますが、20年何の問題もなく使ってきたので今後も…といった期待はあまりおすすめできません。5年を目安に交換と思っておいた方が見通しは立てやすいでしょう。

詰め物や被せ物が外れる原因
詰め物・被せ物が壊れたり外れたりする原因は、大きく分けて二つあります。一つが人口歯の素材である金属やプラスチック、セラミックまたは接着剤が壊れることです。
もう一つが、歯や歯茎の病気です。つまり、歯やその土台である歯茎や骨に異常がでてしまいこれにともなって詰め物や被せ物が取れてしまう、歯ごと使えなくなってしまうことです。

歯にかかる衝撃を弱めて詰め物や被せ物の寿命を延ばす
歯にかかる衝撃を弱めて詰め物や被せ物の寿命を延ばす
人口歯の素材が壊れてしまう原因をさらに細かく考えると、歯の食いしばり、歯ぎしりは影響が大きいと考えられます。食いしばりや歯ぎしりを予防するには、ストレスを解消することやよい姿勢を保つこと、PCでの作業や運動時に食いしばりがある方はマウスピースで衝撃を緩和することなどが対策として考えられます。食いしばりや歯ぎしりの緩和は自分だけではできないことも多いものですので、歯科定期検診でかみ合わせを見てもらうことや自分に合ったマウスピースを作成することはおすすめです。

虫歯・歯周病予防で詰め物や被せ物の寿命を延ばす
歯の健康を保つことは、詰め物や被せ物の寿命を延ばします。虫歯が進んで詰め物や被せ物が取れることがないようにするには、正しい歯磨きや歯科検診の時に歯磨き、フロス等の使用では取れない汚れや歯石を取ってもらうことが有効です。
また、歯を失う原因の筆頭は歯周病ですが、歯周病は詰め物や被せ物を土台から壊してしまいます。その上、詰め物や被せ物は歯周病になる前、または進む前の歯を基準に調整してありますが、土台である歯茎が痩せてしまい土台が不安定になると詰め物や被せ物を接着しているセメントやセラミック等素材にも無理な力がかかるなどして詰め物や被せ物の寿命を縮めてしまいます。歯周病の予防にも、虫歯と同様、歯科検診・正しい歯磨きは大事です。

新着コラム
2019年05月10日
小児歯科 顎の発達、発育の評価方法について
お子さまの脳頭蓋や顔面頭蓋の発育を客観的に評する方法として、頭部エックス線規格写真という分析方法があります。 ...続きを読む
2019年05月9日
歯の加齢による変化
お肌の悩みは、年齢によって異なりますよね。ニキビ、シワ、たるみ、シミ… 加齢とともに体に変化が起きます。 それは、口の中(口腔)も同様です。 今回は口腔の加齢変化についてお話しします。 ...続きを読む
2019年05月8日
虫歯を予防する
虫歯は、多くの方が経験したことのあるお口の病気です。実際に歯医者に来られる方のほとんどが、虫歯か歯周病が原因で来院されます。 かつては大流行した虫歯ですが、最近では幼児の虫歯が過去に比べて減ってきているのをご存知ですか? ...続きを読む

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030
・電車でお越しの方…泉北高速鉄道線栂・美木多駅から徒歩17分/泉北高速鉄道泉ヶ丘駅 から車で6分/泉北高速鉄道光明池駅から車で7分
・お車でお越しの方…堺泉北道料金所より約15分/阪和道堺ICより約15分

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
13:30-18:30

【平成31年2月より午後の診療時間が変更となります】
13:30-18:30 → 14:00-19:00になります
(受付終了時間は19時まで)

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^