飯田歯科コラム
歯科コラム

歯の詰め物や被せ物の寿命はどれくらい?劣化を知る方法は?

2018年10月30日 (火)

残念ながら、歯の詰め物(インレー)も被せ物(クラウン)も、半永久的に使えるものではありません。詰め物・被せ物(以下、詰め物など)は硬い材質や丈夫な素材でつくられているのですが、それでも少しずつ摩耗していき、強度が落ちてしまうのです。

詰め物などが劣化してきた場合は交換する必要があるわけですが、問題は「どのタイミングで歯科クリニックにかかるか」です。劣化の兆候に気付き、決定打が出る前に治療を受けるのが理想と言えます。放置すると二次虫歯を引き起こしかねません。

そこで今回は、詰め物などの寿命と、劣化を知る方法を紹介します。

詰め物などが劣化するとどうなる?
詰め物などが劣化するとどうなる?
詰め物などが劣化してしまうと、二次虫歯のリスクが高まります。
詰め物などの劣化によって元の歯との間に隙間ができ、そこから細菌が入り込んでしまうのです。
「二次」と聞くと、最初の虫歯よりも被害が小さいイメージを持つかもしれませんが、まったく逆です。二次虫歯といっても虫歯には違いありませんし、しかも二次虫歯は詰め物などに隠されているので見つけにくく、より悪化しやすいといえるのです。

二次虫歯になった場合、詰め物などをはずし、歯を削り、また詰め物などをしなければなりません。三次、四次となると、どんどん歯が細くなっていき、詰め物などでは対応しきれなくなってしまいます。
そのため、詰め物などの劣化は、放置してはいけないのです。

詰め物などの劣化を知ることは難しい
患者さん自身が詰め物などの劣化を知ることは簡単ではありません。
詰め物などをしている歯から痛みが出ていれば、劣化している可能性が高いでしょう。
ただ、痛みは「劣化し始めている」サインではなく、「完全に劣化した」サインです。しかも痛みが出ているということは、すでに二次虫歯が発生しているかもしれません。それでは手遅れなのです。

患者さんが詰め物などを確認する方法は、舌触りか目視しかありません。ところが、虫歯や歯周病を引き起こす細菌の大きさは、0.5~10マイクロメートルという大きさです。(1マイクロメートル = 0.001mm)
そのため、細菌が侵入してしまうくらいの微妙な劣化を、患者さん自身のチェックで発見するのはほぼ不可能と言わざるを得ません。

材質ごとの大まかな寿命を知っておこう
詰め物などに使われている材質の寿命を知っておくことは、交換タイミングをはかる上で重要になります。
材質ごとの寿命の目安は次の通りです。
・銀歯:3~5年ほど
・レジン:5年ほど
・セラミック:10~20年ほど

ただ、歯科医によっては「銀歯の寿命は2年ほど」という場合もありますし、セラミックの寿命は、最短と最長で10年もの開きがあります。また、使い方によってはこの年数を下回ることもあります。
そのため、上記の目安は「銀歯は5年もつ」「セラミックは最低10年もつ」ということを保証しているわけではありません。

なぜ詰め物などは劣化するのか
なぜ詰め物などは劣化するのか
銀歯もセラミックも、相当固い材質です。レジンはそれほど硬くはありませんが、しなやかさがあり、歯の材質としてはとても優秀です。
では、そのような材質がなぜ劣化するのでしょうか。

まず銀歯ですが、これは口の中で溶けることがあります。「金属が溶ける」と聞くと高温によって溶けるイメージを持つかもしれませんが、銀歯の溶け方はそうではありません。金属イオンが人のタンパク質と結びつくことで、ゆっくり溶けだしていくのです。そのため、金属アレルギーの人は、アレルギー反応を起こしてしまうこともあります。

セラミックの場合、溶けることはほとんどありませんが、欠けたり割れたりすることがあります。セラミックスは、つくったばかりのころは割れにくいのですが、時間の経過とともに割れやすくなる性質があるのです。

また、詰め物などが劣化していなくても、詰め物などと元の歯をくっつけているセメントの接着が弱まることもあります。
さらに、二次虫歯で元の歯の形が変わってしまった場合、詰め物などとの間に隙間が生まれる可能性も少なくありません。また、治療をしたときの精度が高くなかった場合も、詰め物などの劣化を早めてしまうのです。

詰め物などの寿命を短くする原因とは
詰め物などの寿命が定まらないのは、使用環境によって寿命が大きく変動するからです。詰め物などの劣化を早めてしまう要因は、次の通りです。
・噛み合わせの悪さ
・歯ぎしり
・食いしばり
・歯並びの悪さ

噛み合わせが悪い場合、治療をしたときの精度が低かった可能性があります。詰め物などの高さが高すぎる場合、そのほかの天然の歯とぶつかってしまい、劣化を早めるのです。

また、歯ぎしりや食いしばりは、詰め物などばかりでなく、天然の歯にも悪影響を及ぼします。歯ぎしりも食いしばりも、訓練次第で改善できる可能性があるので、歯科医に相談してみてください。

歯並びが悪いと噛み合わせにも影響してくるため、詰め物などの劣化を早めてしまいます。また、歯並びの悪さはブラッシングの妨げとなるため、歯垢が溜まる可能性を高めてしまうのです。何より、細菌の繁殖を招き、新たな虫歯や二次虫歯を誘発してしまいますので、注意しましょう。

適切なタイミングで詰め物などを交換するためには
詰め物などの劣化をいち早く感知して、適切なタイミングで詰め物などの交換を行うには、定期的な歯科検診がベストの方法です。
「痛くなくても歯医者さん」を習慣づけてください。

新着コラム
2018年11月15日
何かおかしい!赤ちゃんの歯のトラブルは歯医者さんへ!
赤ちゃんの成長とともにだんだんと生え揃っていくのが乳歯です。乳歯の成長に合わせて食事も変化をしていくなど赤ちゃんの歯と赤ちゃん自身の成長は、切っても切り離せないとても強い関係があります。今回は、そのような赤ちゃんの歯に関 ...続きを読む
2018年10月30日
歯の詰め物や被せ物の寿命はどれくらい?劣化を知る方法は?
残念ながら、歯の詰め物(インレー)も被せ物(クラウン)も、半永久的に使えるものではありません。詰め物・被せ物(以下、詰め物など)は硬い材質や丈夫な素材でつくられているのですが、それでも少しずつ摩耗していき、強度が落ちてし ...続きを読む
2018年10月15日
矯正治療は歯の寿命を延ばす効果がある!?
歯並びが悪いと見た目を良くするために矯正治療を検討することがあります。矯正治療は、永久歯が生えそろう小学生から高校生までの子どもが多く行っていますが大人の矯正も増えてきています。歯並びを整えることは、美容的に美しくなる他 ...続きを読む

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030
・電車でお越しの方…泉北高速鉄道線栂・美木多駅から徒歩17分/泉北高速鉄道泉ヶ丘駅 から車で6分/泉北高速鉄道光明池駅から車で7分
・お車でお越しの方…堺泉北道料金所より約15分/阪和道堺ICより約15分

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
14:30-19:30

【平成30年9月9日より午後の診療時間が変更となります】
14:30-19:30 → 13:30-18:30になります
(受付終了時間は18時半まで)

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^