飯田歯科コラム
歯科コラム

何かおかしい!赤ちゃんの歯のトラブルは歯医者さんへ!

2018年11月15日 (木)

赤ちゃんの成長とともにだんだんと生え揃っていくのが乳歯です。乳歯の成長に合わせて食事も変化をしていくなど赤ちゃんの歯と赤ちゃん自身の成長は、切っても切り離せないとても強い関係があります。今回は、そのような赤ちゃんの歯に関する心配事やその解消方法についてご紹介していきたいと思います。

赤ちゃんの歯が生えるスピードについて
赤ちゃんの歯が生えるスピードについて
赤ちゃんの歯がなかなか生えてこない、もしくは生まれたときから生えている、生後1ヶ月程度で生えてくるということがあります。赤ちゃんの歯は、赤ちゃんによって成長スピードが様々なため、あまり心配する必要はありません。しかし、もし1歳3ヶ月ごろを過ぎても生えてこない場合、授乳の際に乳首を噛んでしまい炎症を起こしてしまっている場合などは、歯医者さんへ相談をするようにしましょう。早めに生えてきた歯は、削ったり抜いたりすることで炎症が起きないように調整することもできます。

赤ちゃんの歯が生える順番について
通常赤ちゃんの歯は、下の前歯から生えることが多いです。その後、上の前歯から徐々に奥歯や犬歯へと生え揃っていきます。しかし、中にはこの順番ではない赤ちゃんもいます。歯の生え方には、個人差があるため少し順番が他の子と違うぐらいでは大きな心配をする必要はありませんが、歯の生え方がランダムとなってしまうと将来的に歯並びに影響を及ぼす可能性があります。
もし歯並びについて気になる場合は、一度歯医者さんに相談すると良いでしょう。小児歯科に相談することで今後のかかりつけの歯医者さんとして虫歯や歯のトラブルの時だけでなく、虫歯予防として定期的に歯のチェックをおこなってくれるので安心できます。

黄色や茶色がかった歯と歯石について
黄色や茶色がかった歯と歯石について
赤ちゃんの歯を見ると、生えてきた時点で色が黄色や茶色がかっていたり、歯の裏に歯石がついていたりすることがあります。歯の色については、歯の表面を覆っているエナメル質をうまく成形することができないことが原因となっていることが多いです。これは、エナメル質形成不全と言います。エナメル質のコーティングが薄くなってしまうと歯は、非常に虫歯になりやすくなってしまいます。歯が脆くなっている可能性が高いので気づいた際には歯医者さんへ相談しましょう。
逆に、歯石についてはすぐに何かした方が良いというものではありません。歯が生えそろうまでは特に気にする必要はありませんが、ほかに歯肉炎や歯周病の症状がでる恐れがある場合には、必要に応じて歯医者さんに相談するようにしましょう。

新着コラム
2018年11月30日
着色汚れを落とす!歯磨き粉を選ぶポイント
歯の黄ばみが気になってドラッグストアへ行っても、最近では様々なタイプのホワイトニング専用の歯磨き粉が売られており、どの商品を選べば良いか迷ってしまうのでは無いでしょうか。今回は、そんなホワイトニング専用の歯磨き粉について ...続きを読む
2018年11月15日
何かおかしい!赤ちゃんの歯のトラブルは歯医者さんへ!
赤ちゃんの成長とともにだんだんと生え揃っていくのが乳歯です。乳歯の成長に合わせて食事も変化をしていくなど赤ちゃんの歯と赤ちゃん自身の成長は、切っても切り離せないとても強い関係があります。今回は、そのような赤ちゃんの歯に関 ...続きを読む
2018年10月30日
歯の詰め物や被せ物の寿命はどれくらい?劣化を知る方法は?
残念ながら、歯の詰め物(インレー)も被せ物(クラウン)も、半永久的に使えるものではありません。詰め物・被せ物(以下、詰め物など)は硬い材質や丈夫な素材でつくられているのですが、それでも少しずつ摩耗していき、強度が落ちてし ...続きを読む

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030
・電車でお越しの方…泉北高速鉄道線栂・美木多駅から徒歩17分/泉北高速鉄道泉ヶ丘駅 から車で6分/泉北高速鉄道光明池駅から車で7分
・お車でお越しの方…堺泉北道料金所より約15分/阪和道堺ICより約15分

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
13:30-18:30

【平成31年2月より午後の診療時間が変更となります】
13:30-18:30 → 14:00-19:00になります
(受付終了時間は19時まで)

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^