飯田歯科コラム
歯科コラム

虫歯を予防する

2019年05月8日 (水)
歯ブラシ・フロス
虫歯は、多くの方が経験したことのあるお口の病気です。実際に歯医者に来られる方のほとんどが、虫歯か歯周病が原因で来院されます。
かつては大流行した虫歯ですが、最近では幼児の虫歯が過去に比べて減ってきているのをご存知ですか?
理由は、虫歯を予防することが広まってきたからです。
「予防ってよく聞くけど何をすればいいの?」
そんな方のために、重要な3つのポイントをお伝えします。

だらだら食べない

お口の中に長い時間食べ物が入っていると、その間はずっと歯からカルシウムが溶け出します。この状態が繰り返されて歯に穴ができ、虫歯となります。
アメをなめたりガムをかんだりすると、長時間お砂糖をお口に入れていることになります。ただしノンシュガーであれば問題ありません。

食べる回数に気をつける

実はお食事の度にほとんどの場合は歯からカルシウムが溶け出しますが、食後は唾液の力で再びカルシウムが戻ります。ただし間食の回数が多いと、カルシウムが戻り切る前にまた溶け出すので虫歯になります。おやつや甘い飲み物は摂る回数に気をつけましょう。

やっぱりハミガキが大切

いくら食事に気をつけていても汚れはたまります。汚れがたまった所に虫歯ができるのできれいに落として虫歯とさよならをしましょう。
虫歯になり易いかどうかは、歯の質、唾液の質、菌の種類や数で個人差があります。3つのポイントをおさえていても虫歯になってしまう方もいらっしゃいます。歯医者で相談しながら、ご自身のお口と上手にお付き合いしましょう。

歯科衛生士 谷

新着コラム
2019年05月10日
小児歯科 顎の発達、発育の評価方法について
お子さまの脳頭蓋や顔面頭蓋の発育を客観的に評する方法として、頭部エックス線規格写真という分析方法があります。 ...続きを読む
2019年05月9日
歯の加齢による変化
お肌の悩みは、年齢によって異なりますよね。ニキビ、シワ、たるみ、シミ… 加齢とともに体に変化が起きます。 それは、口の中(口腔)も同様です。 今回は口腔の加齢変化についてお話しします。 ...続きを読む
2019年05月8日
虫歯を予防する
虫歯は、多くの方が経験したことのあるお口の病気です。実際に歯医者に来られる方のほとんどが、虫歯か歯周病が原因で来院されます。 かつては大流行した虫歯ですが、最近では幼児の虫歯が過去に比べて減ってきているのをご存知ですか? ...続きを読む

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030
・電車でお越しの方…泉北高速鉄道線栂・美木多駅から徒歩17分/泉北高速鉄道泉ヶ丘駅 から車で6分/泉北高速鉄道光明池駅から車で7分
・お車でお越しの方…堺泉北道料金所より約15分/阪和道堺ICより約15分

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
13:30-18:30

【平成31年2月より午後の診療時間が変更となります】
13:30-18:30 → 14:00-19:00になります
(受付終了時間は19時まで)

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^