飯田歯科コラム
歯科コラム

歯の加齢による変化

2019年05月9日 (木)
鏡で歯を見る中年女性
お肌の悩みは、年齢によって異なりますよね。ニキビ、シワ、たるみ、シミ…

加齢とともに体に変化が起きます。

それは、口の中(口腔)も同様です。

今回は口腔の加齢変化についてお話しします。


子どもの頃の虫歯は、神経に達しやすいのはご存知でしょうか。

歯は外側から、エナメル質、象牙質、神経(歯髄)という層になっています。

若い頃の歯は歯髄の占める割合が高く、虫歯が少し進むだけでも、歯髄に達しやすいのです。

加齢とともに歯髄腔(歯髄のスペース)は狭くなります。これは外側の象牙質が内側に増えていくためです。

また、歯根の表面を覆うセメント質が厚くなります。

目に見える変化としては、摩耗、咬耗があります。

歯がすり減って、小さくなります。

摩耗の中で咬み合わせによるすり減りを、咬耗といいます。

これは、歯ぎしりをしている人に顕著に現れます。

奥歯は臼歯といいます。その名の通り、臼のような形をしています。上下の臼歯の山と谷がうまく咬み合い、食物をすりつぶします。

歯ぎしりで、臼歯が平らになると、食物のすりつぶしが上手く出来なくなります。

歯ぎしりは、寝ている時に無意識にしているケースが多いので、歯を守るために、マウスピースをつけるのもよいですね。

参考文献 医歯薬出版 高齢者歯科

歯科衛生士 水山

新着コラム
2019年06月29日
口腔の自浄作用と機械的清掃法
従来、口腔機能には、歯や歯周組織の形態や機能、唾液の作用および咀嚼機能などによる生理的な自浄作用があります。 つまり、唾液の流動性による洗浄作用や舌、唇および口腔周囲筋の働きによって、食物残渣などの沈着物を物理的に除去す ...続きを読む
2019年06月22日
歯医者がすすめるハミガキの方法
正しいハミガキの方法を皆さんご存知ですか?テレビで紹介されたり、インターネットで調べれば色んな方法が出てきます。種類が多くて結局どれが本当に正解か分かりませんよね。実は、どれも正解なんです。ただし、お口の中は千差万別で自 ...続きを読む
2019年06月15日
予防歯科について
飯田歯科には、衛生士が主に担当し 歯科医と連携して 虫歯の予防や歯周病の予防 初期治療やクリーニングを行う予防歯科があります。 ...続きを読む

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030
・電車でお越しの方…泉北高速鉄道線栂・美木多駅から徒歩17分/泉北高速鉄道泉ヶ丘駅 から車で6分/泉北高速鉄道光明池駅から車で7分
・お車でお越しの方…堺泉北道料金所より約15分/阪和道堺ICより約15分

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
13:30-18:30

【平成31年2月より午後の診療時間が変更となります】
13:30-18:30 → 14:00-19:00になります
(受付終了時間は19時まで)

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^