飯田歯科コラム
歯科コラム

小児にみられる虫歯について

2019年12月21日 (土)
治療を受ける小児
小児の虫歯は、母から伝播した虫歯の原因菌であるミュータンスレンサ球菌という
ものによって引き起こされる感染症です。
食生活がその発生に深く関わっています。

①プラークの形成
ミュータンスレンサ球菌は酵素によって砂糖から粘着性で水に溶けないグルカンという
ものを産生し、バイオフィルムを作って歯の面に強力に付着します。
(※バイオフィルムとは、微生物と微生物が産生した物質が集合したもののこと。
プラークもバイオフィルムでたり、1gあたり10という糞便と同じレベルの
細菌が含まれています。)口腔内にバイオフィルムが形成されるとき、
ほかの口腔細菌も巻き込まれ、菌の塊が形成されてしまいます。
このバイオフィルムがプラークと呼ばれているものです。

②酸の産生
プラーク内の細菌は、食物中の炭水化物を代謝して有機酸を産生します。
この有機酸がプラーク内に蓄積されるとエナメル質が脱灰され、
虫歯が発生してしまいます。

③ミュータンスレンサ球菌の感染と定着
歯が未萌出のときには検出されません。乳歯が萌出後から菌が定着を始め、
歯の本数が増えるにつれて菌の検出率が増加します。
3歳では約60%の小児にミュータンスレンサ球菌の定着が見られます。
歯の萌出直後では最も虫歯になりやすいので自宅でのケアが重要であり、
食生活も大事です。

医療法人  飯田歯科 

歯科衛生士   北川

新着コラム
2020年08月8日
唾液減少の原因
唾液減少の原因には ①加齢に伴う機能低下②薬の副作用 ③疾患  ④生活習慣、環境などがありますが、一般的には加齢に伴う機能低下が原因と考えららています。それよりも服用薬剤の副作用が原因となっている事も多くあります。服用薬 ...続きを読む
2020年08月1日
乳幼児期の歯の外傷について
乳児期から幼児期にかけて、運動能力が発達します。 それに伴い、行動範囲も拡大します。 行動範囲が広がると、転倒や、人や物に衝突する事故も起きやすくなります。 乳幼児は、体に比べて頭部が大きいです。転倒時に手で支える事も、 ...続きを読む
2020年07月31日
歯の着色について
歯の着色を気にされている方は多いと思います。 コーヒー、紅茶などによる飲み物は歯の表面を茶色にしてしまいます。 歯に着色が付かないように、ダラダラと時間をかけて飲むのを避けたり、飲んだ後にうがいや歯磨きをして、色が付かな ...続きを読む

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030
・電車でお越しの方…泉北高速鉄道線栂・美木多駅から徒歩17分/泉北高速鉄道泉ヶ丘駅 から車で6分/泉北高速鉄道光明池駅から車で7分
・お車でお越しの方…堺泉北道料金所より約15分/阪和道堺ICより約15分

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
14:00-19:00

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^