飯田歯科コラム
歯科コラム

健康は残存歯から

2019年12月14日 (土)
せんべいを食べる男性
厚生労働省と日本歯科医師会は平成元年から「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」と呼びかける「8020運動」を進めてきました。平成28年の調査では達成率は50%を超えるなど、自分の歯を持つ高齢者は数は増えてきています。
しかし、歯があると言うことは 虫歯や歯周病などのリスクも増えると言うことです。残っている歯を最後まで無くさない為には 十分にケアをする必要があります。
歯の有無は健康に大きな影響を与えると考えられています。
その理由の一つが 食にあります。

食べると言うことは味や匂い 音など様々な刺激を脳に与えるということ。歯の数や噛む力と認知機能の間には何らかの関係があるとされています。
また、歯がなくなって 食事がおぼつかなくなると低栄養を引き起こし、それが運動障害や要介護につながります。
歯を維持するには口腔ケアで口の中を清潔に保つことや異常の早期発見 治療が大切です。出来れば「かかりつけ歯科医」を持ち 普段からお口の状態を、チェックして貰う習慣を身につけて欲しいと思っています。その為には、是非飯田歯科の予防歯科検診を定期的に受けて下さい。(読売新聞より一部引用)

堺市南区桃山台  医療法人
飯田歯科 衛生士森本

新着コラム
2020年01月24日
歯肉マッサージ
予防歯科や診療に来られる患者さんのなかに、歯茎が痛い、と訴えられる方は少なくありません。 原因はいくつかありますが、意外に多いのが、 「歯茎をマッサージしようと思って歯ブラシで擦っていたら痛くなった」 という方です。 ...続きを読む
2020年01月17日
タバコと歯周病との関係
タバコが健康に害を及ぼすことは皆さんよくご存知だと思います。それでは、歯周病とも関係があることも聞いたことがありますか? ...続きを読む
2020年01月10日
加齢による筋力や認知機能の低下
加齢による筋力や認知機能の低下、フレイルなどを予防するには「誰かと一緒にとる 楽しい食事」「栄養バランスのいい食事 美味しい食事」が効果的でしょう。ところが認知症が進んでしまうと「箸の持ち方がわからなくなる」「食欲が認識 ...続きを読む

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030
・電車でお越しの方…泉北高速鉄道線栂・美木多駅から徒歩17分/泉北高速鉄道泉ヶ丘駅 から車で6分/泉北高速鉄道光明池駅から車で7分
・お車でお越しの方…堺泉北道料金所より約15分/阪和道堺ICより約15分

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
14:00-19:00

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^