お問い合わせ
アクセス
お電話でお問い合わせ
予約
COLUMN歯科コラム

健康は残存歯から

せんべいを食べる男性
厚生労働省と日本歯科医師会は平成元年から「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」と呼びかける「8020運動」を進めてきました。平成28年の調査では達成率は50%を超えるなど、自分の歯を持つ高齢者は数は増えてきています。
しかし、歯があると言うことは 虫歯や歯周病などのリスクも増えると言うことです。残っている歯を最後まで無くさない為には 十分にケアをする必要があります。
歯の有無は健康に大きな影響を与えると考えられています。
その理由の一つが 食にあります。

食べると言うことは味や匂い 音など様々な刺激を脳に与えるということ。歯の数や噛む力と認知機能の間には何らかの関係があるとされています。
また、歯がなくなって 食事がおぼつかなくなると低栄養を引き起こし、それが運動障害や要介護につながります。
歯を維持するには口腔ケアで口の中を清潔に保つことや異常の早期発見 治療が大切です。出来れば「かかりつけ歯科医」を持ち 普段からお口の状態を、チェックして貰う習慣を身につけて欲しいと思っています。その為には、是非飯田歯科の予防歯科検診を定期的に受けて下さい。(読売新聞より一部引用)

堺市南区桃山台  医療法人
飯田歯科 衛生士森本

医院からのお知らせ
テニス大会
口コミ体験談 Powered by EPARK歯科
ENGLISH AVAILABLE
Instagram
どんなお悩みでも
遠慮なく何でもご相談ください
飯田歯科では、皆さまのすぐ身近な歯科医院・歯科医師として努めると同時に、インプラントや矯正歯科といった専門知識を必要とする分野でも、対応可能な環境を整えております。
どんなお悩みも遠慮なくご相談ください。
お電話でのお問い合わせ
お問い合わせ