飯田歯科コラム
歯科コラム

摂食・嚥下障害と食物物性の関連

2020年03月29日 (日)
ヨーグルト
摂食・嚥下リハビリテーションにおける食内容は、
主に誤嚥・窒息・脱水・低栄養を予防するとともに、
食べる意欲を引き出す工夫が重要といわれています。
そのためには、食物のもつ物性を知っておくことが大切です。美味しさの感じ方は、人それぞれ異なります。
例えば、彩り・温度・周りの雰囲気によっても
食欲や摂食・嚥下機能の発揮のされ方は変わります。
機能の障害部位、内容・程度によって異なりますが、
一般的に摂食・嚥下障害者の方に好ましい食物形態とメニューは色々あります。

*嚥下しやすい食物形態の特徴
・適度な粘度をもち、噛むとペースト状に食塊をつくりやすいもの
・性状が均一なもの
・咀嚼しやすいもの
・咽頭粘膜に触れた時に嚥下反射を誘発しやすい温度のもの
 (冷たい物は10~15°Cくらいの温度が口あたりがよい)
・好みの味の食べ物は嚥下しやすい

*嚥下しにくい食物形態の特徴
・サラサラな水分
・餅やこんにゃくのような粘度や弾性の高すぎるもの
・歯や口蓋にへばりつきやすいもの
・具の入った味噌汁のような異なる性状の混じったもの

医療法人 飯田歯科

歯科衛生士 北川

新着コラム
2020年05月24日
ハミガキ習慣を見直そう
今、世界は新型コロナウイルスに対抗するため、人々が必死に戦っています。 人手や物資が不足する中で感染者の治療に懸命に従事している医師、看護師、病院で働くスタッフに敬意を表します。 このご時世、自宅で過ごす時間が多くなりま ...続きを読む
2020年05月17日
間食について
間食が多い子供に虫歯の発生が高まるという報告が多くみられることから、間食をマイナス面から捉えることが少なくありません。 これは、子供が好むおやつとして、砂糖を多く含む甘味菓子類(チョコレート、ケーキ、クッキーなど)や甘味 ...続きを読む
2020年05月10日
歯並びが悪くなる原因
歯並びが悪くなる原因の1つに、歯の大きさと 歯が生える場所の大きさの不一致があります。 つまり、歯が生える場所が少ない(顎が小さい)のに歯のサイズが大きいと、歯が並びきらなくてガタガタに生えてしまいます。 乳歯の時にピタ ...続きを読む
admi

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030
・電車でお越しの方…泉北高速鉄道線栂・美木多駅から徒歩17分/泉北高速鉄道泉ヶ丘駅 から車で6分/泉北高速鉄道光明池駅から車で7分
・お車でお越しの方…堺泉北道料金所より約15分/阪和道堺ICより約15分

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
14:00-19:00

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^