飯田歯科コラム
歯科コラム

間食について

2020年05月17日 (日)
イメージ
間食が多い子供に虫歯の発生が高まるという報告が多くみられることから、間食をマイナス面から捉えることが少なくありません。
これは、子供が好むおやつとして、砂糖を多く含む甘味菓子類(チョコレート、ケーキ、クッキーなど)や甘味飲料(ジュース、炭酸飲料、乳酸菌飲料など)が摂取されることが多いためです。

虫歯の原因となるミュータンスレンサ球菌は、乳臼歯が生え始めて糖分の多い甘味飲食物をとり始める1歳代前半頃に、口の中に定着しやすくなることが知られています。
ミュータンス菌の多い歯垢(プラーク)が歯に付着しているところに、糖分の多い甘味飲食物を頻繁に摂ると、糖分がミュータンス菌によって分解されて酸を作るため、酸によって歯の表面からカルシウムなどのミネラル成分が溶け出します(これを脱灰といいます)。
1日に何回も脱灰が繰り返されると、ミネラル成分が歯に戻る(再石灰化)ことができなくなり、脱灰が進んで虫歯になりやすくなります。
このように、糖分の多い飲食物を間食として頻繁に摂取することが、虫歯のリスクを高めることになるのです。
間食の摂り方の工夫がすごく大切です。

医療法人 飯田歯科

歯科衛生士 北川

新着コラム
2020年05月24日
ハミガキ習慣を見直そう
今、世界は新型コロナウイルスに対抗するため、人々が必死に戦っています。 人手や物資が不足する中で感染者の治療に懸命に従事している医師、看護師、病院で働くスタッフに敬意を表します。 このご時世、自宅で過ごす時間が多くなりま ...続きを読む
2020年05月17日
間食について
間食が多い子供に虫歯の発生が高まるという報告が多くみられることから、間食をマイナス面から捉えることが少なくありません。 これは、子供が好むおやつとして、砂糖を多く含む甘味菓子類(チョコレート、ケーキ、クッキーなど)や甘味 ...続きを読む
2020年05月10日
歯並びが悪くなる原因
歯並びが悪くなる原因の1つに、歯の大きさと 歯が生える場所の大きさの不一致があります。 つまり、歯が生える場所が少ない(顎が小さい)のに歯のサイズが大きいと、歯が並びきらなくてガタガタに生えてしまいます。 乳歯の時にピタ ...続きを読む
admi

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030
・電車でお越しの方…泉北高速鉄道線栂・美木多駅から徒歩17分/泉北高速鉄道泉ヶ丘駅 から車で6分/泉北高速鉄道光明池駅から車で7分
・お車でお越しの方…堺泉北道料金所より約15分/阪和道堺ICより約15分

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
14:00-19:00

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^