飯田歯科コラム
歯科コラム

幼児の口腔習癖について

2020年07月3日 (金)
幼児のイメージ
子どもの頃にみられる口腔習癖には、おしゃぶり、物かみ、指しゃぶり、歯ぎしり、爪咬みなどがあります。

指しゃぶり、物かみ、おしゃぶりは、年齢とともに減少していきますが、歯ぎしり、爪咬みの癖は年齢とともに増加する傾向にあります。

指しゃぶりは生後1ヶ月くらいには約4割の乳児にみられます。
生後5ヶ月頃にはほぼ全員にみられますが、6ヶ月過ぎからは減少傾向にあります。
この時期の指しゃぶりは、乳児にとって生理的な現象ですので、過敏になる必要はありません。

しかし、これが長期継続すると、不正咬合になりやすいです。
上下の歯の間に指が存在することで、スペースができ、口を閉じても上下の歯がくっつかない不正咬合、開咬や、
上の前歯が前に傾斜、いわゆる出っ歯になりやすいです。
指しゃぶりは、幼児期の前半と後半で生理的なものか、口腔習癖なのかが異なります。
乳歯列期の指しゃぶりは一過性のもので、開咬になってしまっても、癖がなくなれば自然治癒することもあります。
5歳を過ぎても癖が続く場合は、絶対の動きも制限されるようになっている可能性がありますので、ご相談下さい。

医療法人 飯田歯科

歯科衛生士 水山

新着コラム
2020年08月8日
唾液減少の原因
唾液減少の原因には ①加齢に伴う機能低下②薬の副作用 ③疾患  ④生活習慣、環境などがありますが、一般的には加齢に伴う機能低下が原因と考えららています。それよりも服用薬剤の副作用が原因となっている事も多くあります。服用薬 ...続きを読む
2020年08月1日
乳幼児期の歯の外傷について
乳児期から幼児期にかけて、運動能力が発達します。 それに伴い、行動範囲も拡大します。 行動範囲が広がると、転倒や、人や物に衝突する事故も起きやすくなります。 乳幼児は、体に比べて頭部が大きいです。転倒時に手で支える事も、 ...続きを読む
2020年07月31日
歯の着色について
歯の着色を気にされている方は多いと思います。 コーヒー、紅茶などによる飲み物は歯の表面を茶色にしてしまいます。 歯に着色が付かないように、ダラダラと時間をかけて飲むのを避けたり、飲んだ後にうがいや歯磨きをして、色が付かな ...続きを読む

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030
・電車でお越しの方…泉北高速鉄道線栂・美木多駅から徒歩17分/泉北高速鉄道泉ヶ丘駅 から車で6分/泉北高速鉄道光明池駅から車で7分
・お車でお越しの方…堺泉北道料金所より約15分/阪和道堺ICより約15分

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
14:00-19:00

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^