飯田歯科コラム
歯科コラム

唾液のちからについて

2020年07月10日 (金)
口腔内のイメージ
人生100年時代、できれば一生自分の歯で食べたいものです。
歯を長持ちさせる鍵を握るのが唾液です。

唾液は耳下腺、顎下腺、舌下腺の3大唾液線と、舌や口蓋などの粘膜面に多数存在する小唾液線からお口のなかに分泌される液体です。
成分の99.5%が水分で、残りの半分ずつは無機質と有機質です。
健康な人にはあまり意識されることのない唾液ですがたくさんの重要な働きがあり、口腔内の自浄、洗浄作用 粘膜保護作用 PH緩衝作用 再石灰化作用 抗菌作用 食塊形成 凝集作用 消化作用 溶解作用などかあげられます。

しかし、唾液量が減少し、その作用が低下すると、口腔乾燥や嚥下の低下のしにくさ、ねばねば感 口臭 舌痛症 カンジダ菌による口内炎 齲蝕 歯周病などの口腔内に影響を及ぼします。

唾液はヒトでは、正常なら1日に1000〜1500ml程度分泌され、そして睡眠時にはもっと減ります。また、唾液の分泌は精神状態によって左右され、自律神経系の交感神経と副交感神経のバランスによって調整されています。
不安や緊張、イライラなどのストレスを感じでいるときには交感神経が優位に働き、唾液が減り、タンパク質を多く含む粘液性の唾液が分泌されます。
反対にリラックスしているときは副交感神経が優位になり、漿液性の唾液が分泌されます。
唾液が減少する理由は、まだありますので次項でお伝えします。

いまは、新型コロナウィルスの流行により、様々なストレスが溜まっていますので身体だけでは無く、 お口の中にも気をつけてください。

デンタルハイジーン5月号より引用
 
堺市南区桃山台医療法人  飯田歯科

新着コラム
2020年08月8日
唾液減少の原因
唾液減少の原因には ①加齢に伴う機能低下②薬の副作用 ③疾患  ④生活習慣、環境などがありますが、一般的には加齢に伴う機能低下が原因と考えららています。それよりも服用薬剤の副作用が原因となっている事も多くあります。服用薬 ...続きを読む
2020年08月1日
乳幼児期の歯の外傷について
乳児期から幼児期にかけて、運動能力が発達します。 それに伴い、行動範囲も拡大します。 行動範囲が広がると、転倒や、人や物に衝突する事故も起きやすくなります。 乳幼児は、体に比べて頭部が大きいです。転倒時に手で支える事も、 ...続きを読む
2020年07月31日
歯の着色について
歯の着色を気にされている方は多いと思います。 コーヒー、紅茶などによる飲み物は歯の表面を茶色にしてしまいます。 歯に着色が付かないように、ダラダラと時間をかけて飲むのを避けたり、飲んだ後にうがいや歯磨きをして、色が付かな ...続きを読む

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030
・電車でお越しの方…泉北高速鉄道線栂・美木多駅から徒歩17分/泉北高速鉄道泉ヶ丘駅 から車で6分/泉北高速鉄道光明池駅から車で7分
・お車でお越しの方…堺泉北道料金所より約15分/阪和道堺ICより約15分

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
14:00-19:00

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^