お問い合わせ
アクセス
お電話でお問い合わせ
予約
COLUMN歯科コラム

唾液のちからについて

口腔内のイメージ
人生100年時代、できれば一生自分の歯で食べたいものです。
歯を長持ちさせる鍵を握るのが唾液です。

唾液は耳下腺、顎下腺、舌下腺の3大唾液線と、舌や口蓋などの粘膜面に多数存在する小唾液線からお口のなかに分泌される液体です。
成分の99.5%が水分で、残りの半分ずつは無機質と有機質です。
健康な人にはあまり意識されることのない唾液ですがたくさんの重要な働きがあり、口腔内の自浄、洗浄作用 粘膜保護作用 PH緩衝作用 再石灰化作用 抗菌作用 食塊形成 凝集作用 消化作用 溶解作用などかあげられます。

しかし、唾液量が減少し、その作用が低下すると、口腔乾燥や嚥下の低下のしにくさ、ねばねば感 口臭 舌痛症 カンジダ菌による口内炎 齲蝕 歯周病などの口腔内に影響を及ぼします。

唾液はヒトでは、正常なら1日に1000〜1500ml程度分泌され、そして睡眠時にはもっと減ります。また、唾液の分泌は精神状態によって左右され、自律神経系の交感神経と副交感神経のバランスによって調整されています。
不安や緊張、イライラなどのストレスを感じでいるときには交感神経が優位に働き、唾液が減り、タンパク質を多く含む粘液性の唾液が分泌されます。
反対にリラックスしているときは副交感神経が優位になり、漿液性の唾液が分泌されます。
唾液が減少する理由は、まだありますので次項でお伝えします。

いまは、新型コロナウィルスの流行により、様々なストレスが溜まっていますので身体だけでは無く、 お口の中にも気をつけてください。

デンタルハイジーン5月号より引用
 
堺市南区桃山台医療法人  飯田歯科

医院からのお知らせ
テニス大会
口コミ体験談 Powered by EPARK歯科
ENGLISH AVAILABLE
Instagram
どんなお悩みでも
遠慮なく何でもご相談ください
飯田歯科では、皆さまのすぐ身近な歯科医院・歯科医師として努めると同時に、インプラントや矯正歯科といった専門知識を必要とする分野でも、対応可能な環境を整えております。
どんなお悩みも遠慮なくご相談ください。
お電話でのお問い合わせ
お問い合わせ