飯田歯科コラム
歯科コラム

金属アレルギーについて

2020年11月7日 (土)
金属アレルギー イメージ
金属アレルギーという言葉を聞いたことはありますか?
金属に触れた後、数時間から数日後に、皮膚や粘膜に炎症性病変が起きる、アレルギー性接触皮膚炎です。

原因は溶出した金属イオンが体内のタンパク質と結合してアレルゲンとなり、皮膚が炎症を起こします。

ネックレスやピアス、アクセサリーで起こる事があるのは、よく知られているかと思います。金属アレルギーは口腔内でも起きます。

かぶせや詰め物の治療には、金属材料が用いられる事が多いため、これらがアレルギーを起こす事があります。

アレルギーは免疫を司る細胞が引き起こすもので、発症まで時間がかかります。
原因金属が除去されてからも、炎症が消えるまでには、長期間かかる事が多いです。  

金属に接触する口腔粘膜の炎症だけでなく、口腔から離れた全身の皮膚に発赤、腫脹、湿疹を生じる事が多いです。

金属アレルギーが疑われる場合は、皮膚科でパッチテストなどを行い、アレルギーの原因となる金属を解明します。

歯科で用いられる金属は複数あるので、原因となる金属を完全に除去して、それ以外を用いて治療をします。

歯の治療には、金属を含まない硬質レジン、セラミック、ジルコニアなどを用います。
気になる症状がありましたら、ご相談下さい。

医療法人飯田歯科

歯科衛生士 水山

新着コラム
2020年11月28日
歯を失ったら
予防歯科に来られた方に質問される事の1つに、この歯を失ったら(抜かないといけなくなったら)どうなるの?というお話があります。 実際、残念ながらそういう状態になったら担当歯科医師から説明を受ける事になりますが、そうならない ...続きを読む
2020年11月21日
子供の口腔内ケアについて
虫歯と歯周疾患の原因となるプラークを予防することはすごく大切なことです。 小児では、ハブラシやデンタルフロス、糸ようじなどを使って清掃することが中心になります。 乳歯が生えてくる生後8ヶ月頃から始めることになります。 ご ...続きを読む
2020年11月14日
歯石取りは、なぜ回数がかかるのでしょうか?
歯科医院で歯石を取ってもらうことは、多くの方が経験したことがあるでしょう。 1~2回の通院で取り終える方もいれば、頻繁に通院が必要で回数がかかる方もいます。 この2つにはどんな違いがあるのでしょうか。 歯肉炎の場合の歯石 ...続きを読む

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030
・電車でお越しの方…泉北高速鉄道線栂・美木多駅から徒歩17分/泉北高速鉄道泉ヶ丘駅 から車で6分/泉北高速鉄道光明池駅から車で7分
・お車でお越しの方…堺泉北道料金所より約15分/阪和道堺ICより約15分

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
14:00-19:00

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^