飯田歯科コラム
歯科コラム

歯の詰め物や被せ物の寿命はどれくらい?劣化を知る方法は?

2018年10月30日 (火)

残念ながら、歯の詰め物(インレー)も被せ物(クラウン)も、半永久的に使えるものではありません。詰め物・被せ物(以下、詰め物など)は硬い材質や丈夫な素材でつくられているのですが、それでも少しずつ摩耗していき、強度が落ちてしまうのです。

詰め物などが劣化してきた場合は交換する必要があるわけですが、問題は「どのタイミングで歯科クリニックにかかるか」です。劣化の兆候に気付き、決定打が出る前に治療を受けるのが理想と言えます。放置すると二次虫歯を引き起こしかねません。

そこで今回は、詰め物などの寿命と、劣化を知る方法を紹介します。

コラムの続きを読む

矯正治療は歯の寿命を延ばす効果がある!?

2018年10月15日 (月)

歯並びが悪いと見た目を良くするために矯正治療を検討することがあります。矯正治療は、永久歯が生えそろう小学生から高校生までの子どもが多く行っていますが大人の矯正も増えてきています。歯並びを整えることは、美容的に美しくなる他にも言葉の発音が良くなる、噛み合わせのバランスを調整することで歯の清潔が保てるようになり歯の寿命を延ばす効果も期待できるのです。
矯正治療は、歯の寿命をどのように延ばすのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

コラムの続きを読む

歯の詰め物や被せ物の寿命はどれくらい?

2018年09月30日 (日)

歯医者さんで治療したあと歯の詰め物や被せ物が突然取れてしまったという経験は、多くの方がされるのではないでしょうか。あらかじめ寿命や寿命を縮めてしまう原因を知っておくと歯のお手入れにも目安ができて便利ですよね。以下に詰め物や被せ物の寿命と寿命を縮めてしまう原因をまとめました。

コラムの続きを読む

多すぎるのも危険?!唾液が増える原因と対処法

2018年09月15日 (土)

絶えず口の中に分泌される唾液の効果をご存知でしょうか?唾液には抗菌作用があり、口の中の細菌や汚れを洗い流す効果があます。さらに、消化吸収を助けるという役割を果たしています。
食べ物をよく噛んで食べることにより食物が細かくされ、さらに唾液の量が増えます。細かくなった食べ物が唾液とよく混ざり合うことで消化がよくなること、さらに口の中の食べカスをできるだけ少なくすることができます。
口の中の清潔に欠かせない唾液ですが、量が多すぎると口の中に何か問題を抱えている可能性があります。そこで正常な唾液量と唾液量が増える原因について紹介し、こんな時は歯医者さんに受診をおススメしたいと思います。

コラムの続きを読む

麻酔の特徴を知って安心して歯の治療を受けよう!

2018年08月30日 (木)

注射は何歳になっても嫌ですよね。注射針は近年、痛みが少なくなるようにと細いものが採用されるようになりました。細い麻酔針は従来のものよりも痛みがなく患者さんからも好評価ですがそれでも麻酔を怖がる患者さんは後を絶ちません。

今回は歯科で使われる麻酔の種類や特徴を理解してもらい安心して麻酔を受けて欲しいと思っています。

コラムの続きを読む

いつがベスト?子供に歯磨きさせるタイミングは?

2018年08月15日 (水)

子育ては日々大変ですよね。子供の成長を見守るのは親として嬉しいですが、しつけや習慣付けなければいけないことも多いです。中でも習慣づけをするのが大変なのが歯磨きです。保護者の方も悩んでいることが多い子供の歯磨き習慣をつけるためには1日のうちで、どのタイミングに歯磨きをさせるのが一番なのでしょうか。

コラムの続きを読む

ストレスで歯周病が悪化する恐れがあります

2018年07月30日 (月)

歯周病や虫歯の原因が細菌だということをご存知でしょうか?人間の体内では、免疫システムが関係してきます。この免疫システムと細菌の活動性は、シーソーゲームのように行ったり来たりをしますが、通常は均衡が保たれているか免疫システムの方が優位になっています。しかし、細菌の活動の方が優位になると歯周病や虫歯が悪化することがあります。今回はストレスと歯周病の関係について説明していきます。

コラムの続きを読む

「まぁ、いいか」では済まされない!歯ぎしり放置はとても危険です

2018年07月15日 (日)

家族が歯ぎしりやいびきをしていたらどうしますか?いびきも歯ぎしりも音が気になるものですが、家族であれば「音はうるさいけれど、自分が寝ちゃえば起きることもないし」とか「まぁ、いいか」と思っていませんか?いびきは近年睡眠時無呼吸症候群との関係性が指摘されているので心配する人は多いかもしれませんが、歯ぎしりはそこまで気にしていないかもしれません。この「まぁ、いいか」と処理してしまうことは、後々恐ろしいことが起きるかもしれませんよ!

コラムの続きを読む

歯ぎしり用のマウスピースは歯医者で作るのがオススメ!

2018年06月30日 (土)

歯ぎしりの治療は主に歯を保護するために行います。効果的な方法としては、マウスピースの使用が知られているのではないでしょうか。最近では、歯医者さんに行かなくても自分でマウスピースをつくることができるものも売られています。自分でつくることができるのは確かに便利ですが、安全に使用できるのでしょうか。

コラムの続きを読む

矯正には頼らない!自分でできる歯並びのトレーニング法

2018年06月15日 (金)

歯並びが気になるけど、歯医者さんで本格的に矯正するのは気がひけてしまう、という方にご紹介したいのが、自力で歯並びを治す方法です。ただし、確実に効果があるのは、歯医者さんで矯正する方法ですので、今回ご紹介する方法は歯並びが悪くなる癖を治して少しずつ改善させていくというものです。根気強く続けてみましょう!

コラムの続きを読む

新着コラム
2020年01月24日
歯肉マッサージ
予防歯科や診療に来られる患者さんのなかに、歯茎が痛い、と訴えられる方は少なくありません。 原因はいくつかありますが、意外に多いのが、 「歯茎をマッサージしようと思って歯ブラシで擦っていたら痛くなった」 という方です。 ...続きを読む
2020年01月17日
タバコと歯周病との関係
タバコが健康に害を及ぼすことは皆さんよくご存知だと思います。それでは、歯周病とも関係があることも聞いたことがありますか? ...続きを読む
2020年01月10日
加齢による筋力や認知機能の低下
加齢による筋力や認知機能の低下、フレイルなどを予防するには「誰かと一緒にとる 楽しい食事」「栄養バランスのいい食事 美味しい食事」が効果的でしょう。ところが認知症が進んでしまうと「箸の持ち方がわからなくなる」「食欲が認識 ...続きを読む

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030
・電車でお越しの方…泉北高速鉄道線栂・美木多駅から徒歩17分/泉北高速鉄道泉ヶ丘駅 から車で6分/泉北高速鉄道光明池駅から車で7分
・お車でお越しの方…堺泉北道料金所より約15分/阪和道堺ICより約15分

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
14:00-19:00

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^