クリニック紹介

金属アレルギー

金属アレルギーとは

金属アレルギー

金属アレルギーは、時計やピアスなどのアクセサリーによる発症が多く、歯科治療に用いられる金属の発症比率は少ないのですが、詰め物や被せ物、義歯などに用いられる金属でも金属アレルギーを発症する場合があります。
金属が溶け出し、イオンとなったものが体内のタンパク質と結合することでアレルギー反応を起こすと考えられています。
症状として直接触れる粘膜がただれるだけでなく、手足や全身の皮膚炎を引き起こす場合もあります。

原因となる金属

原因となる金属としては、HG(水銀)、Ni(ニッケル)、Co(コバルト)、Cr(クロム)、Sn(すず)、Pd(パラジウム)が挙げられ、これらはアマルガム(※1)、義歯の金具、被せ物として使用されています。

※1 アマルガム・・・水銀と他の金属との合金の総称。スズや銀のアマルガムは歯科治療に用いられる。

金属アレルギーの治療

(1)パッチテスト:
歯科治療に用いられるどの金属がアレルギーの原因になっているのか皮膚科にて検査します。当院では同ビル2Fの飯田クリニックにてパッチテスト※2を受けることができます。

※2 パッチテスト・・・アレルギー性疾患の原因物質を調べる検査。原因と推定される物質を体皮に貼って反応を調べる。

(2)原因除去療法:
パッチテストをもとに原因金属をつきとめ、その成分を含む金属修復物を除去していきます。その後は、最も安全性の高いポーセレン(セラミック)やジルコニア、ペクトン、または純チタンを用いて修復治療をしていきます。
歯の欠損がある患者さまには、純チタンでできているインプラント治療法を勧めており、インプラントが不可能な場合には金属を使用しない義歯、あるいは純チタンを用いた義歯をお勧めしています。

新着コラム
2020年01月24日
歯肉マッサージ
予防歯科や診療に来られる患者さんのなかに、歯茎が痛い、と訴えられる方は少なくありません。 原因はいくつかありますが、意外に多いのが、 「歯茎をマッサージしようと思って歯ブラシで擦っていたら痛くなった」 という方です。 ...続きを読む
2020年01月17日
タバコと歯周病との関係
タバコが健康に害を及ぼすことは皆さんよくご存知だと思います。それでは、歯周病とも関係があることも聞いたことがありますか? ...続きを読む
2020年01月10日
加齢による筋力や認知機能の低下
加齢による筋力や認知機能の低下、フレイルなどを予防するには「誰かと一緒にとる 楽しい食事」「栄養バランスのいい食事 美味しい食事」が効果的でしょう。ところが認知症が進んでしまうと「箸の持ち方がわからなくなる」「食欲が認識 ...続きを読む

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030
・電車でお越しの方…泉北高速鉄道線栂・美木多駅から徒歩17分/泉北高速鉄道泉ヶ丘駅 から車で6分/泉北高速鉄道光明池駅から車で7分
・お車でお越しの方…堺泉北道料金所より約15分/阪和道堺ICより約15分

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
14:00-19:00

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^