審美歯科

ジルコニア(セルコン)

ジルコニア(セルコン)とは

患者さまの審美的要望に応える最良の方法として、ポーセレン(セラミック)を用いた治療法があります。
ポーセレンジャケットクラウン(ホルセラミック)は、本当にきれいな白さを再現できる反面、噛み合わせによって割れやすいという強度的な弱点がありました。
それを克服するため、メタルボンドクラウン、ガルバノクラウンといった内面に金属を使用し、その上にポーセレンを焼き付ける方法を用いてきました。

ポーセレンセラミック

「セラミック」は金属の酸化物で、瀬戸物、焼き物と同様の材質です。従来前歯のかぶせ物の治療の際の白い部分に使われていた「プラスティック」と比較すると、表面の密度が高いため、とても硬く、また色素の付着や吸着がおこりにくいので、色がほとんど変化しません。

今度、オールセラミックの弱点だった強度の問題を完全に克服したジルコニアセラミック「セルコン」が開発されました。内面を金属ではなくジルコニア(人工ダイヤ)で覆っており、金属と変わらない強度を実現でき、臼歯部のブリッジにも対応可能です。金属アレルギーでお悩みの患者さま、メタルフリーを希望される患者さまに最適な治療法です。

ジルコニアセラミック

ジルコニアは審美的な白色を有しているだけでなく、生体親和性においても優れ、医科分野で人口股関節の球状骨頭部などに既に 20年近く用いられています。このジルコニアが今、歯科業界で新たな材料として注目されており、海外では白いメタルと評されています。

新着コラム
2019年06月15日
予防歯科について
飯田歯科には、衛生士が主に担当し 歯科医と連携して 虫歯の予防や歯周病の予防 初期治療やクリーニングを行う予防歯科があります。 ...続きを読む
2019年06月8日
妊娠すると歯がとける!?マタニティ歯科について
昔は「妊娠すると歯がとける」と言われた時代がありました。確かにつわりで歯を磨き難くなり 虫歯になるリスクが高くなったり ホルモンバランスの変化などで妊娠性歯肉炎になってしまう事もあります。それが、妊娠したから歯がとけると ...続きを読む
2019年06月1日
小児歯科について
成人歯科では、医療従事者(歯科医師や歯科衛生士)と患者の1対1の関係で診療が行われます。 小児歯科は、そこに保護者が加わった三者の関係で進んでいきます。 ...続きを読む

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030
・電車でお越しの方…泉北高速鉄道線栂・美木多駅から徒歩17分/泉北高速鉄道泉ヶ丘駅 から車で6分/泉北高速鉄道光明池駅から車で7分
・お車でお越しの方…堺泉北道料金所より約15分/阪和道堺ICより約15分

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
13:30-18:30

【平成31年2月より午後の診療時間が変更となります】
13:30-18:30 → 14:00-19:00になります
(受付終了時間は19時まで)

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^