インプラント

インプラントとは

飯田歯科で使用しているインプラント

「ストローマン インプラント 」と「スウェーデン・マルチナ インプラント」

飯田歯科では、「 ストローマン インプラント 」と「スウェーデン・マルチナ インプラント」を使用しております。
「 ストローマン インプラント 」は以前は「 ITI インプラント 」と呼ばれていました。
ITIはInternational Team for oral Implantology (口腔インプラント学のための国際チーム)の略称です。
国際的な研究グループの名前がインプラントの名前になるのはおかしいので、製造元のストローマン社(スイス)の名前が近年使用されるようになりました。

ストローマンインプラント

ストローマンインプラント

歯科用インプラントとは、天然歯根の代用となる人工歯根のことで、インプラント本体は外科手術により顎の骨に埋め込まれ、平均6~12週間の治癒期間を経て骨にしっかりと結合します。この期間、ストローマンインプラントの場合は、インプラントの頭を歯茎の外に出した状態で待つこともできますので、他のインプラントを使用した場合のようなインプラントの頭を出すための2回目の手術をしなくて済みます。また、最初の手術で丈夫な歯茎の量を増やすことも簡単にできるというメリットもあります。
(ただし、骨造成術を併用する時や審美性を重視する時には歯茎の中にいれておくこともします。)
他にも、将来的な感染に対して抵抗力が強いこと、インプラントの長さが短くても安定しやすいというメリットもあります。
2010年よりボーンレベルインプラントも個人輸入により使用しており、前歯の審美的な部位への対応もより高度に行えるようになりました。こちらは2011年より日本でも認可されて通常に購入できるようになっております。ただ、当院では2010年より使用している細くても丈夫なロキソリッドインプラントはまだ個人輸入が必要な状態です。

スウェーデン・マルティナ インプラント

スウェーデン・マルティナ インプラント

そして、2012年より「スウェーデン・マルティナ インプラント Sweden & Martina Implant (Premium series)」を使用しております。イタリア製で非常に高品質であり、以前は日本では認可されていませんでしたので個人輸入で対応しておりました。2014年3月に日本でも認可されましたので、より積極的に使用していく予定です。
ストローマン社のボーンレベルインプラントに似た形状ですが、最初の固定のレベルが高いのでより安心して経過をみれるのと、サイズが豊富でありいろいろな状況に対応しやすいメリットがあります。私の尊敬する世界レベルのインプラントの先生方が愛用しているのも信頼できる理由の一つでもあります。
他のメーカーのインプラントも常に検討しておりますが、現時点では一番安全確実なストローマンインプラントとスウェーデン・マルチナ インプラントを使用しています。
海外へも定期的に研修に行き、常に新しい知識や技術を導入するように努めています。

従来の治療法とインプラント治療法の比較

  歯が1本抜けた場合 歯が数本抜けた場合 歯が全部抜けた場合
従来の治療法

歯が1本抜けた場合の従来の治療法

周りの健康な歯を削ってブリッジにします。

歯が数本抜けた場合の従来の治療法

入れ歯を固定するための針金が見た目にも機能的にも不快です。

歯が全部抜けた場合の従来の治療法

入れ歯がずれたり、食べ物が内側に入って痛かったりします。

インプラント
治療法

歯が1本抜けた場合のインプラント治療法

健康な歯を全く削ることなく、歯のない部分にインプラントを入れます。

歯が数本抜けた場合のインプラント治療法

針金付きの入れ歯ではなく、歯のない部分に適切な数のインプラントを入れ、固定式の人工歯を取り付けます。

歯が全部抜けた場合のインプラント治療法

数本のインプラントを入れて入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます。

当院でのインプラント治療実績について

開業以来、たくさんのインプラント治療実績

開業以来、たくさんのインプラント治療実績

当院では1991年12月の開業以来、たくさんのインプラントをしておりますが、インプラントの撤去をしたものは22本となっております。(2018年時点)

2本は、費用を安くするために、上の顎にインプラント1本のみ埋めて、自分の歯と連結してブリッジにしたものです。(15年以上前のことです。)
この方法では、インプラントが揺らされるために、長期間持ちません。
最近では、この方法はせず、2本以上インプラントを埋めて安定した結果を出しています。

もう1本は、下の臼歯で骨幅の狭い所に、骨幅を増やす手術(GBR手術)をし、腫れるのを患者さんが嫌がったため、細いインプラントを入れました。
(これは8年前のケースで、最近では細くても丈夫なインプラントが開発されて折れていません。)
臼歯でよくかむため、その力でインプラントが折れてしまいました。
そのため、インプラント撤去後GBR手術で骨幅を増やし、再度太いインプラントを埋入し、上部を入れて、現在経過良好です。
保障期間内のため、再治療費は2割のみ頂き、その他は、当院持ちで行いました。
その他には、上の総入れ歯の下にインプラントの装置を入れるケースで費用の関係で骨の量が少ないにも関わらずに少ないインプラントで対応した二人のケースで4本脱落しました。もちろん少ない本数で問題なくいくケースもあるのですが、事前に話し合いが十分に必要であると感じております。骨と本数を増やして対応したケースと金属の入れ歯にして対応したケースがあります。

喫煙者の場合に骨を増やす手術で感染したケースも3名いました。タバコを吸う方の場合は骨を増やす手術の前に禁煙を勧めておりますが、事前の説明不足があったと反省しております。これらのケースの中で同時にインプラント埋入した2本が脱落しています。今後は手術前後の禁煙指導をもっと強力に進めていきたいと思っております。

定期健診をされているその他全ての方は、良好に経過しておりましたが、残念ながら長期に経過をみるなかで3名ほどはインプラント周囲炎になりました。手術をして予防歯科で進行しないように経過をみております。そのうちの1名は撤去して再度インプラントしました。残りの2名はお手入れの指導と専門的な清掃で撤去しないでよい状態を保っていますが、一度進行したものは特に注意が必要です。

当院の成功率の高さは、全てのインプラント手術時に手術室において高度の滅菌状態にて行っているのと、歯肉を開いて骨の状態を確認して行っているためだと自負しております。
そのため、手術時間は、短時間で行っているところよりも、長くなりますが、より安全、確実です。
以前と比較して骨が少ない困難なケースに対応することも多くなり、以前よりも手術の失敗ケースが増えてしまったのは残念です。それでもまだ99%以上の成功率で安定しているのは、当院の歯科衛生士を含めてスタッフと患者様の協力があってのことと感謝しております。

インプラント治療の利点
~楽しい食事は体を健康に保つだけでなく、心までも健康にします~
・ 取り外し式の入れ歯に変わって入れることができます。
・ 取り外し式の入れ歯の場合でも、インプラント上にしっかりと固定されていますので、通常の入れ歯のようなズレや食べ物のかけらが入った時の痛みがなくなります。
・ インプラントによるかぶせものなら、天然の歯とほとんど同じ感覚でかめます。
・ 自然な外観や表情を取り戻すことができ、人前で話すことも全く平気です。
・ 噛む能力が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスのよい食事が楽しめます。

マグネティックマレット

イタリアのMarco Csonka 先生がよく使われているインプラント用の器械なのです。
イタリアではとても普及しており、イタリアでのインプラントワールドシンポジウムでは多くの症例が出されておりました。
インプラントの埋入手術で一番多用されるのはドリルで穴をあける方法です
硬い骨に対しては現在でもこの方法が最も良いのです。
ただし、柔らかい骨に対しては細い器具より初めて順番に太い器具を挿入しながら
穴を大きくしていく方法も良く用いられます。
このような手術をする時に、これまではハンマーで叩くという方法しかありませんでした。
しかし、この叩く手技は力のコントロールが困難であり、良性の眩暈がおきることもあります。
そして、片手で抑えないといけませんので方向性をきちんと保つのが難しいという問題点がありました。
これらの問題点を解消するのがこのマグネティック・マレットです。
2013年のイタリアでのインプラントワールドシンポジウムで紹介された資料です。

マグネティックマレット

黒線がこれまでの手で叩く方法での時間と力の関係で、赤線がマグネティック・マレットのものです。赤線が明らかに瞬間的に力が加わっているのがわかります。手でこのように効果的でありながら患者様に衝撃を感じさせないように力を加えることはできません。

実際に使用前には、衝撃が気になるかと不安もありましたが、施術した患者様はほとんど衝撃を感じないようです。他の部位をインプラントした時にドリルで削るよりも楽だったとのことでした。2013年7月にMarco Csonka 先生が来日して講義された時に、「手で叩く方法では80%が振動として力が逃げてしまい、20%しか有効に力が加わらないが、マグネティックマレットを使用すると90%が有効に力が加わり振動は10%しかない!」との説明もありました。最近これを愛用している私の臨床の感覚も同じですし、とても有効な器具だと思います。Marco Csonka 先生によるとピエゾは近年において第一の革新であったが、マグネティックマレットは第2段階目の革新だと話していました。もちろんピエゾも当院にあり神経や粘膜に障害を与えない便利な器具ですので活用しておりますが、それ以上の活躍を期待できます。削れば骨は減りますが、叩くのであれば周りに広がります。とても良い器具ですが、骨が柔らかい時にしか使用できないので上顎のみが対象になります。

2012年9月にシンガポールにて、Marco Csonka 先生よりマグネティック・マレットを教えていただいた時の写真です。

マグネティックマレット

いつもニコニコ笑顔ですが、大切な時はこんなに真剣な表情です。

「マグネティック・マレットのソケットリフトとスプリットクレストでの応用について」
(歯科医師向けの専門的な文章になっております。)

上顎のインプラント治療に於いて骨造成を併用する機会は多いと思います。その時にはブロック骨移植やGBR等、臼歯に於いてはラテラルアプローチによる上顎洞拳上術など多くの選択肢があります。 

今回焦点をあてたソケットリフトとスプリットクレストは古くからあるテクニックです。しかし、従来のソケットリフトの器具では上顎洞底が平らでないと適応ではありませんでした。少し前に開発された上顎洞底拳上用のバーは洞底の形状を問わなくなり応用範囲が広まりました。

この度紹介するイタリア製のマグネティック・マレットは、太い直径のオステオトームを取り付けると、洞底の形状を問わないばかりか骨ごと洞底を押し上げて高さを増すことにより、骨の中にインプラント埋入ができる可能性もある優れものです。そして、ある程度の骨量があればノンフラップでのオペも安心して行えます。なぜなら骨を削除するのではなく押し拡げるからです。侵襲が少ないオペができると術者にも患者にもメリットは大きいです。

マグネティック・マレットはテクニックにより先端を取り換えできます。スプリットクレストにて用いる場合には細いブレード(刃)を取り付け、その後に薄くて平らな金具を取り付けて骨を拡げていきます。通常は時間のかかる骨を割る手順を、細いブレードを使用し無理なく一定量ずつ迅速に行うことができます。また、細いブレードを使用できる為に全く骨を削除する事が無く少ない部位の骨を目減りさせません。そして、骨切削バーが骨の中に深く入った時に注水が届かない事に因る熱のダメージも心配しなくてすみます。

スプリットクレストは患者自身の皮質骨を外側に押し拡げる為に、最終的にしっかりした皮質骨の中で骨のボリュームを安定させる事ができます。そして、分割されたことにより活性が高まった海綿骨にインプラントを確実に埋入できるメリットがあります。

理論的に良い方法だと理解しても、実際にスプリットクレストしたら予後が良くなかった。または、先輩から手法が難しくチャレンジを薦められていない等の理由で試したことが無い歯科医師も多いと思います。多くの症例に実施しているにも関わらず失敗症例が1例もない当院のケースを見て頂けるとなにかのヒントになると思います。2015年より院長はセミナーを開催していますのでご興味のある方は聞きに来てください。最近の展開のページに案内があります。

新着コラム
2019年11月9日
ここ最近天災が毎年あちら こちらで大きな被害を出しています。
ここ最近天災が毎年あちら こちらで大きな被害を出しています。 これは天災なのか、人災なのかと怖くなる程の規模の災害ですよね。 世界の中でも地球温暖化の被害や対策を考え始めているのに、何故か日本はとても 出遅れています。 ...続きを読む
2019年10月31日
インプラントについて
インプラント治療とは、骨の中にチタン製の小さなネジのような形状の インプラント体を埋め込み、その上に人工歯を固定する治療法です。 入れ歯やブリッジでは、歯茎より上の歯冠の部分は再現できても、 歯根を再現することはできませ ...続きを読む
2019年10月24日
成人の歯科検診について
ご存知の方も多いと思いますが、歯周病の原因は、 感染性の原因…歯周病菌 環境的な原因…お口の中のケア不足 ストレス 喫煙 など 宿主の原因…代謝性疾患 老化 など とされています。 ...続きを読む

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030
・電車でお越しの方…泉北高速鉄道線栂・美木多駅から徒歩17分/泉北高速鉄道泉ヶ丘駅 から車で6分/泉北高速鉄道光明池駅から車で7分
・お車でお越しの方…堺泉北道料金所より約15分/阪和道堺ICより約15分

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
14:00-19:00

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^