一般歯科

根管治療

根管治療とは

”根っこの治療” と一言に言っても、その治療は歯の神経が残っている歯と神経が死んでいる、または以前に神経の治療をした歯で治療方法が変わってきます。
歯の神経の治療を根管治療と呼びます。”根っこの治療” と一言に言っても、その治療は歯の神経が残っている歯と神経が死んでいる、または以前に神経の治療をした歯で治療方法が変わってきます。歯の神経は歯の根の先より管を通じ入り歯冠と呼ばれる歯茎から出ている部分まで到達しています。歯の神経の治療をきちんとするためには、歯の根の先の神経の入り口まで掃除をして緊密に樹脂にて封鎖する必要があります。そのためには、根の管より治療することになりますので、根管治療と呼ばれます。

抜髄(歯の中から神経を取る処置)

抜髄(歯の中から神経を取る処置)

歯の中心には歯の感覚を脳に伝える神経と、歯に栄養を与える血管が通っています。むし歯が進み、象牙質まで到達すると、”冷たいものがしみる”といった症状がでてきます。この段階ですと、神経をとらずに治療ができます。さらにむし歯が進行し、神経まで及んでしまうと”ズキズキとうずく・冷たいもの、暖かいものがかなりしみる・噛んだり当たったりすると痛い”といった症状に変わります。この状態を歯髄炎と言います。こうなってしまうと、神経を除去してしまわなければ痛みは取れません。
神経を取るには、まず歯に麻酔をして専用の針金のようなもので歯の中の神経を完全に除去します。その上で根っこの中を完全に清潔な状態にし、最終的な薬をつめます。当院ではこの治療回数はおおよそ1~3回となっています。
ただ、この治療中~治療後しばらくは歯に違和感(じくじくした感じ)がでることがあります。これは根っこに先をさわったことによる刺激が原因です。

根管治療の流れ

PMTC(Professional Mecanical Tooth Cleaning)

感染根管治療(細菌に感染している根っこを掃除する方法)

感染根管は、根っこの中が細菌に感染し、根っこの先端から周りに炎症が及んでいる状態の ことです。この時、その炎症がある程度大きくなれば、歯を支えている骨が溶けてしまいますので、レントゲン上には根っこの先を取り囲むような黒い影となっ て現れます。炎症が慢性化して症状のない場合もありますが、いつ急性化して激しい痛みや腫れがでないとも限りませんので治療をしておいた方がよいでしょ う。
治療方法は前の抜髄のときにも述べたように専用の針金を使って感染部を取り除き薬で消毒を繰 り返しながら、根っこの中を清潔にしていきます。完全に清潔になった状態で最終的な薬をつめます。治療中~治療後にかけて、根っこの先をさわった刺激に よって、はれたり、うずいたりする場合があります。これは刺激が原因となって慢性炎症が、いわゆる「寝た子をおこした」状態になり急性かすることによるも のです。
炎症や感染の程度により治療回数が多くなってしまう場合がありますが、治療の予後を良好にするためには必要な治療ですのでご理解頂きたいと思っております。

根っこの治療の重要性

根っこの治療はいわば歯の”基礎工事”です。
最終的には上に何らかの”かぶせ”をしていくことになりますが、その基礎工事がきっちりできていないと、せっかくかぶせを入れても痛みが出てくる可能性が高くなります。逆に基礎工事がきっちりできていればかぶせの寿命も長くなりますし、歯のためにもよいことには間違いありません。

飯田歯科のこだわりの根管治療

当医院では根管に最終的な薬(ガッタパーチャ樹脂)を詰めるのにオプチュレーションガッタ法を主に使用しています。これは、純度の高いガッタパーチャ樹脂を温めて軟らかくし、それを専門の器具を用いて根の先まで隙間なく埋める方法です。これにより、従来ではある程度太くまで根の中を広げなければなかったものが細い状態のまま詰めることができるようになりました。ただし、欠点として根の先まで圧力がかかりますので詰める時に痛むこと、またその痛みが2~3日続くことがあります。しかし、よりよい土台作りのためにはがまんして頂かなくてはいけません。

これにより、根の詰める準備段階で無理に広げて根の先の組織を壊すことなく、また、短時間で根の先まで掃除することができます。また、曲がった根や途中でくっついたり分かれたりした複雑な根の形の治療にも対応できるようになりました。

当院では、回転するニッケルチタンの器具を各種そろえる等、複雑な根の治療に安全に短時間で治療できるようしております。しかし、出来るだけ根の先まで詰めるようにこだわっていますので時間のかかることもあります。また、根の先から出る膿が止まらないときも止まるまで待たないとだめな時もありますので、回数がかかる時もあります。

もう一つ、根の先が大きく開いている時は、従来の方法で詰めないとだめな時もあります。いずれにせよレントゲン写真を説明しながら、患者様の理解を得ながら進めていきます。

自費での根管治療

根管治療は、歯茎に埋まっている歯の根(歯根)の中にある管の治療ですので、当然入り口しか見えません。この管も大きく単純な形であればそれほど難しいことではありませんが、細く複雑なことも多いのです。
そして根っこの中は直接見ることができず、形も人それぞれなので完全に細菌を取り除くことが非常に難しいです。細菌を取り残した状態で詰め物を詰めたり、クラウン(差し歯・かぶせ物)をかぶせてしまうと、後々細菌が増殖してトラブルが出てきてしまうこともあります。
保険外根管治療ではマイクロスコープを用いて根管内部を清掃し、特別な薬剤(MTAセメント)を充填するため、保険治療と比較すると成功率が非常に優れています。

(1)マイクロスコープ: 根管内部を見ながら感染歯質を取り除き清掃するため、より精度良く細菌を取り除くことが可能です。
(2)CT:立体的な根管の形態を把握できます。
(3)ラバーダム:雑菌を遮断するゴム製の防湿防菌シートです。
(4)MTAセメント:歯の長期保存を可能にします。(詳細は下記)


MTAセメントの特徴

どちらもバイオセラミックのMTA系統ですが、流動性低いセメント状態か流動性高いトロトロした状態かの違いです。

■利点
・水分が残っていても硬化する為に、失敗しにくく操作が楽なである。その為患者さんの負担も少なくなります。
・詰めた後に収縮せずに少し膨張するので、初期より封鎖性が高く細菌侵入を防ぎやすい。
・生体親和性が高いため根管外に漏出しても問題がない。
・数か月すると化学的に象牙質と接着する為により緊密に閉鎖される。更に周囲の骨を誘導する作用があり歯根破折のリスクが軽減する。
・殺菌効果がある為に、細菌を減少させる。
■欠点
・高価な為に保険治療の対象外である。

当院ではアメリカ製のMTAセメントを用いています。(青:神経保存療法用 白:根管治療用)

●料金(1本あたり)
根管治療は部位によって難易度が変化するため、前歯8万円、小臼歯10万円、大臼歯12万円となります。
保証期間は5年となります。(詳しくはお尋ね下さい)


自費での神経保存療法

上記でも記載したように根管治療は場合により困難でトラブルになることがあります。
しかしまず神経を保存できていれば根管治療をする必要はないのです。
虫歯が大きく、神経に近い時には歯の神経を保存することが困難となってしまう場合が多々あります。そのような場合には神経保存治療を行うことで、高確率で神経を保存させることができます。
間接覆髄とは神経は露出していないが神経との距離が近い時に、直接覆髄とは神経が一部露出している時に神経を保護する治療です。近年は保険適用外ではありますが、MTAセメントが使用できるようになり成功率が飛躍的に向上しています。

●料金(1本あたり)
間接覆髄は1.5万円、直接覆髄は4万円となります。  
保証期間は2年となります。(詳しくはお尋ね下さい)


>>Read this page in English

新着コラム
2019年06月29日
口腔の自浄作用と機械的清掃法
従来、口腔機能には、歯や歯周組織の形態や機能、唾液の作用および咀嚼機能などによる生理的な自浄作用があります。 つまり、唾液の流動性による洗浄作用や舌、唇および口腔周囲筋の働きによって、食物残渣などの沈着物を物理的に除去す ...続きを読む
2019年06月22日
歯医者がすすめるハミガキの方法
正しいハミガキの方法を皆さんご存知ですか?テレビで紹介されたり、インターネットで調べれば色んな方法が出てきます。種類が多くて結局どれが本当に正解か分かりませんよね。実は、どれも正解なんです。ただし、お口の中は千差万別で自 ...続きを読む
2019年06月15日
予防歯科について
飯田歯科には、衛生士が主に担当し 歯科医と連携して 虫歯の予防や歯周病の予防 初期治療やクリーニングを行う予防歯科があります。 ...続きを読む

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030
・電車でお越しの方…泉北高速鉄道線栂・美木多駅から徒歩17分/泉北高速鉄道泉ヶ丘駅 から車で6分/泉北高速鉄道光明池駅から車で7分
・お車でお越しの方…堺泉北道料金所より約15分/阪和道堺ICより約15分

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
13:30-18:30

【平成31年2月より午後の診療時間が変更となります】
13:30-18:30 → 14:00-19:00になります
(受付終了時間は19時まで)

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^