予防歯科

歯ブラシなどの使い方

ブラッシング(ホームケア)

当院では自宅でのブラッシング(ホームケア)について次のように歯磨きの指導をしています

ブラッシング(ホームケア)

鉛筆を持つような感じで歯ブラシを持ち、歯と歯ぐきの境目に歯ブラシを45°の角度であて1歯ずつ磨くつもりで力を入れず横に細かく動かし磨きます。力を入れすぎると歯ぐきに傷がついたり、歯が削れてしみたりするので注意してください。

このとき、鏡を見ながら左奥・前歯・右奥歯というように順番を決めて磨き、1日1回10分を目安にしっかりと磨いてください。こうすると、磨き残しが少なくなり良いです。磨き方がわからない場合はスタッフに聞いてください。

舌側の歯を磨く場合、以上のように、しっかり歯磨きを行っていても、どうしても取りきれない汚れがあり、その磨き残しが、原因で歯周病が進行していくこともありますので、定期的に(1ヶ月~3ヶ月)歯科医院を受診し専門家によるクリーニングを行うことが必要になってきます。

専門家によるクリーニングについて

当院では、定期的な(1ヶ月~3ヶ月毎の)クリーニングをお勧めしています

ブラッシングでは取りきれない汚れ(磨き残し)や歯と歯の間の汚れ、また、磨きにくい奥歯の汚れを専門的な清掃器具を使って、取り除きます。また、歯ブラシや歯間ブラシを使ってブラッシングします。

尚、歯周病菌に効果のある歯磨剤、洗口剤もご用意していますので、気軽にスタッフに声をかけてください。

補助的清掃用具の使用方法

歯間ブラシやデンタルフロスで、歯ブラシで磨きにくい場所を磨き、より完全なプラークコントロールを目指しましょう。

歯間ブラシ

歯間ブラシ

歯の間のサイズに合った太さの歯間ブラシを選び、ブラシの先で歯肉を傷つけないように歯肉に沿ってゆっくりと挿入し、ブラシの毛先が歯の面に当たっているか確認しながら前後に5,6回細かく動かして清掃してください。(無理に通すと、歯肉が傷ついてしまうので、サイズ・使用部位に関してはスタッフに聞いてください。)

使用後の歯間ブラシは歯ブラシと同じように水でキレイにすすぎ洗いし、乾燥しやすい場所に保管してください。(ブラシの毛先が乱れてくると、汚れが落ちにくくなったり歯肉を傷つけたりする恐れがあるので交換してください。)

デンタルフロス

デンタルフロス

歯と歯の間を歯面に沿ってのこぎりを引くようにゆっくりと動かしながら挿入します。(勢いよくいれて歯肉を傷つけないようにしてください。)

隣り合った歯面の片方①にまずフロスを押し付け、2~3回上下に動かし、清掃します。もう一方の隣り合った歯面も同じように清掃します。

☆以上のように、歯ブラシや補助的清掃用具を使用することにより、お口の中の健康を保つ事が出来ます。わからないことがあれば気軽にスタッフにお聞きください。

新着コラム
2019年05月10日
小児歯科 顎の発達、発育の評価方法について
お子さまの脳頭蓋や顔面頭蓋の発育を客観的に評する方法として、頭部エックス線規格写真という分析方法があります。 ...続きを読む
2019年05月9日
歯の加齢による変化
お肌の悩みは、年齢によって異なりますよね。ニキビ、シワ、たるみ、シミ… 加齢とともに体に変化が起きます。 それは、口の中(口腔)も同様です。 今回は口腔の加齢変化についてお話しします。 ...続きを読む
2019年05月8日
虫歯を予防する
虫歯は、多くの方が経験したことのあるお口の病気です。実際に歯医者に来られる方のほとんどが、虫歯か歯周病が原因で来院されます。 かつては大流行した虫歯ですが、最近では幼児の虫歯が過去に比べて減ってきているのをご存知ですか? ...続きを読む

アクセス

〒590-0141 大阪府堺市南区桃山台4-2-3 TEL:072-296-0030
・電車でお越しの方…泉北高速鉄道線栂・美木多駅から徒歩17分/泉北高速鉄道泉ヶ丘駅 から車で6分/泉北高速鉄道光明池駅から車で7分
・お車でお越しの方…堺泉北道料金所より約15分/阪和道堺ICより約15分

車でお越しの方
電車でお越しの方
アクセス詳細をみる
診療時間
9:00-12:00
13:30-18:30

【平成31年2月より午後の診療時間が変更となります】
13:30-18:30 → 14:00-19:00になります
(受付終了時間は19時まで)

・飯田歯科は日曜日も診療しております。※診療受付は30分前まで
・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク・夏季休暇以外診療
・新患随時予約受付中(但し、予約の方優先)

^