お問い合わせ
アクセス
お電話でお問い合わせ
予約
MEDICAL CARE INFORMATION診療案内

根管治療

根管治療
ひどくなった虫歯を残すために大切な治療
根管治療というのは、歯の根っこの内部を治療するもので、歯科治療の中でも頻繁に行われている治療法です。虫歯が深部に達し、内部が汚染されて放置していると、確実に歯はダメになっていきます。でも、根管治療をしっかりと行うことで、大切な歯を生かしてまた機能させることができます。

根管治療の種類

根管治療には大きく分けて主に2種類あります。

抜髄(神経を取り除く治療)

抜髄
虫歯などが原因で歯の中心部にある神経が炎症を起こすと、歯の神経を取り除く治療が必要になります。神経がまだ生きていますので、痛みが出ないよう、治療の際には麻酔をして行います。
※治療をした後は、神経を取った傷口がジクジクと敏感な状態がしばらく続くことがありますが、いずれ落ち着きます。

感染根管治療(汚染された根管を消毒する治療)

抜髄
すでに神経をとったことのある歯の根っこの内部に細菌感染を起こすことがあります。そのような場合に、再度根っこの内部をお掃除、消毒する治療を感染根管治療といいます。こちらの場合には、神経はないので、基本的には麻酔をしなくても治療中に痛みが出ることはありません。

※治療後に治療部が敏感になったり、奥に溜まっている膿が出てくる反応で痛みや腫れを起こしたりすることがありますが、こちらもいずれ落ち着いていきます。

※内部の汚染の度合いにより、治療期間が長くかかる場合があります。ですが、歯を救うための大切な処置ですので、根気よく続けることが大事です。

根管治療が必要になる場合

根管治療が必要になるのは、主に次のような時です。

  1. 虫歯が神経まで行った時
    虫歯が進行して奥の神経に達してしまった時。
  2. 歯が折れた時
    歯をぶつけて折れてしまい、神経が露出してしまった時。
  3. 歯を強打した時
    歯を強くぶつけて歯の神経が死んでしまった時。
  4. 知覚過敏がひど過ぎる時
    知覚過敏の症状がひどすぎて我慢できない時。
  5. 根の先に膿が溜まった時
    歯の根っこの先端部分に膿がたまってしまった時。

根管治療の重要性

根管治療の重要性
根っこの治療は、いわば歯の”基礎工事”となる大切なものです。
根の治療後には最終的に上に何らかの”かぶせ”をしていくことになりますが、土台となる基礎工事がきっちりできていないと、せっかくかぶせを入れても痛みが出てきて、噛めなくなる可能性が高くなります。つまり、どんなに質の良い被せ物をしても、それが無駄になってしまいます。
基礎工事がきっちりできていれば、ずっとしっかりと噛むことができ、被せ物も無駄になりません。

当院のこだわりの根管治療

ニッケルチタンファイルの使用
歯の根っこというのは真っ直ぐではなく、曲がっていたり、複雑な形をしていることが多く、それが原因で器具(ファイル)が到達せずに、もしくは器具が突き抜けて治療がうまくいかない場合があります。
当院では、そのような複雑な根っこでも確実に、そして安全に、かつ短時間で治療できるよう、ニッケルチタンファイルを使用しています。

オブチュレーションガッタ法
根管治療では最後に、ガッタパーチャと呼ばれる固形の薬を詰めます。従来のガッタパーチャは棒状であり、それを奥まで緊密に詰めるためには、根管をある程度大きく広げる(たくさん削る)必要がありました。
当院では、従来の棒状のガッタパーチャではなく、高温で形の変わるガッターパーチャで細い根管にでも効果的に詰められるような、オブチュレーションガッタ法を取り入れています。これにより、根管内部を無駄に削ることを避けることができ、歯の強度を保ち、長持ちさせることができます。

自費の根管治療

より精密な治療で歯の寿命を延ばせる可能性が高まります
保険治療では、治療方法や治療に使用できる材料などが限られますが、自費の根管治療であれば高度な機器や材料を使用して、より質の高い根管治療を行うことができますので、歯の寿命をより延ばせる可能性が高まります。

1.マイクロスコープ

マイクロスコープ
肉眼では見えない根管内部をはっきりと見ながら汚染部を取り除くことができるので、より歯質を残して、精度の高い治療が可能になります。

2.CT

CT
平面的な画像のレントゲンだけでなく、立体的な歯の形がわかるCTにより、正確に歯の形を把握して確実に治療を行うことができます。

3.ラバーダム

ラバーダム
治療する歯をゴムの膜で完全に外部と遮断することにより、外部からの細菌感染を防ぐことができます。

4.MTAセメント

MTAセメント
歯の長期保存を可能にするセメントです。生体親和性が高いため体に安全なだけでなく、強力な接着により細菌侵入を防ぎ、歯が折れるリスクも軽減させることができます。当院ではアメリカ製のMTAセメントを用いています。

●料金(1本あたり)
根管治療は部位によって難易度が変化するため、前歯8万円、小臼歯10万円、大臼歯12万円となります。
保証期間は5年となります(詳しくはお尋ね下さい)。

神経を保存する治療(自費)

歯を長持ちさせるためには、神経を保存することが大事です。虫歯が大きく、神経に近い時には歯の神経を保存することが困難となり、通常では神経を取る治療が必要となりますが、神経保存治療を行うことで、高確率で神経を保存させることができます。
近年は保険適用外ではありますが、MTAセメントが使用できるようになり、神経を保存する治療の成功率が飛躍的に向上しています。
●料金(1本あたり)
間接覆髄は1.5万円、直接覆髄は4万円となります。
保証期間は2年となります(詳しくはお尋ね下さい)。
医院からのお知らせ
テニス大会
口コミ体験談 Powered by EPARK歯科
ENGLISH AVAILABLE
Instagram
どんなお悩みでも
遠慮なく何でもご相談ください
飯田歯科では、皆さまのすぐ身近な歯科医院・歯科医師として努めると同時に、インプラントや矯正歯科といった専門知識を必要とする分野でも、対応可能な環境を整えております。
どんなお悩みも遠慮なくご相談ください。
お電話でのお問い合わせ
お問い合わせ