お問い合わせ
アクセス
お電話でお問い合わせ
予約
MEDICAL CARE INFORMATION診療案内

マタニティ歯科

マタニティ歯科
お口の健康が悪化しがちな妊娠中こそ歯のケアを
妊娠中には歯医者は避けたほうが良い、と思っていませんか?でも実は妊娠中にこそ、歯のケアをしてもらったほうが良い理由があります。妊娠中というのは、そうでない時期に比べてお口の状況が悪化しやすく、そのことが母子にとって悪影響を与えることがあるからです。

妊娠中にお口の環境が悪くなる理由

マタニティ歯科
妊娠中には女性ホルモンの急増により、体が大きく変化します。それはお口の中も例外ではありません。例えば、妊娠中には女性ホルモンが急増し、その影響でお口の中の特定の歯周病菌が活発化します。また、唾液の性状の変化やつわりで歯磨きがおろそかになることなどが加わり、お口の中の衛生状態が悪化します。そのようなことが重なり、妊娠中というのは虫歯や歯周病のリスクが非常に高くなりがちです。

妊娠中にも歯科治療は可能です

妊娠中にも歯科治療は可能です
昔から「一子産むと一歯失う」というように、妊娠中に虫歯や歯周病が悪化してしまう方は実はとても多くいらっしゃいます。妊娠中には体にストレスを与えないほうがいいので歯科治療を控えた方が良い、と思われていることがありますが、実際は特定の治療をのぞいて多くの治療が可能であり、それが実は健やかな妊娠、生まれてくる赤ちゃんのためにも役立ちます。
もちろん、治療は妊娠の時期や体調に応じて、無理のないように行うことが大切です。当院では、お口の環境が悪くなりがちな妊娠期に、なるべく健やかなお口が保てるよう、最大限のサポートをさせていただきます。

妊娠中の歯科治療、いつ頃がベスト?

妊娠中の歯科治療、いつ頃がベスト?
妊娠中の歯科治療で一番安心なのは、安定期(5ヶ月〜8ヶ月)です。ですが、簡単でストレスのない治療ならば、安定期でなくても可能です。麻酔を使う治療などは一般的にはリスクの少ない安定期に行います。
ただし、痛みなどの急性症状がある場合や、緊急性のある状態の時は、ストレスそのものが悪影響となりかねないので、どの時期でも治療を優先する場合があります。また、赤ちゃんが生まれてからは忙しくなり、なかなか通院できなくなります。ぜひとも余裕のある妊娠中に悪いところは治しておきましょう。

妊娠中の麻酔やレントゲン、お薬

麻酔
歯科治療で一般的に使用する麻酔は、局所麻酔と呼ばれる「その周辺だけにとどまる」麻酔ですので、基本的にお身体への影響というのはほとんどありません。それよりもむしろ、麻酔を使わずに痛みを我慢する方がストレスとなり、悪影響を与える可能性が高くなります。
レントゲン
レントゲンを撮影する必要がある場合、お腹を保護する防護エプロンをつけますので、赤ちゃんへ影響が行くことはまずありません。また、当院では放射線の被曝量の少ないデジタルレントゲンを使用しています。
お薬
歯の痛みや腫れなどに対して、ひどい場合には妊娠中の方にも影響が少ない、比較的安全なお薬を処方いたします。

お母さんのお口の状態が赤ちゃんに影響することがあります

お母さんのお口の状態が赤ちゃんに影響することがあります
妊娠中のお母さんに虫歯や歯周病があると、お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性のあることが知られています。

お母さんに虫歯がある場合

お母さんに虫歯がある場合
生まれたばかりの赤ちゃんのお口には虫歯菌は存在しません。虫歯というのは虫歯菌によって起こされる感染症ですが、その虫歯菌は通常、周囲の家族からうつると言われています。最も赤ちゃんと接する時間が多いのはお母さんですので、お母さんのお口が虫歯だらけだと、その虫歯菌を赤ちゃんに移すリスクが高くなり、赤ちゃんも将来虫歯にかかりやすくなる恐れがあります。

お母さんに歯周病がある場合

お母さんに歯周病がある場合
お母さんに重度の歯周病があると、お口の中の歯周病菌やその毒素が血管の中に入り込み、子宮収縮をうながして早産を起こす危険性があると報告されています。また、歯周病菌が胎盤に感染した場合、胎児の発育を妨げてしまうこともあるとされています。

生まれてくるお子様のためにも、妊娠中だけでなく、日頃からお母さんのお口の環境をよくしておくことが大事です。また、妊娠中に特に異常を感じなくても、一度妊娠中に歯科検診を受けてお口の状態をチェックしておき、必要に応じて適切なケアを受けてお口の状態を出来るだけ良い状態にキープしておくことをおすすめします。

医院からのお知らせ
テニス大会
口コミ体験談 Powered by EPARK歯科
ENGLISH AVAILABLE
Instagram
どんなお悩みでも
遠慮なく何でもご相談ください
飯田歯科では、皆さまのすぐ身近な歯科医院・歯科医師として努めると同時に、インプラントや矯正歯科といった専門知識を必要とする分野でも、対応可能な環境を整えております。
どんなお悩みも遠慮なくご相談ください。
お電話でのお問い合わせ
お問い合わせ