お問い合わせ
アクセス
お電話でお問い合わせ
予約
MEDICAL CARE INFORMATION診療案内

歯ブラシなどの使い方

歯ブラシなどの使い方
間違った歯ブラシの選び方、使い方は歯や歯茎に悪影響を与えます
毎日行う歯磨き。毎日繰り返すことですから、歯磨きのポイントを知った上で行うのと、ただ何気なく行うのとでは、お口の健康状態に大きな差が出てきます。ここでは歯ブラシの選び方から使い方など、歯を長く健康に保つために知っておきたいことについてご紹介します。

歯ブラシはどんなのを選ぶのが良い?

歯科の訪問診療とは

「ふつう」か「やわらかめ」を選びましょう

歯ブラシの硬さは、「かため」だとしっかり磨けるような気がするかもしれませんが、歯や歯茎を傷めやすいので、通常は「ふつう」を選ぶと良いでしょう。歯茎に炎症が起こっている場合などは、「やわらかめ」の方が痛みを感じにくく、無理なく磨くことができますので、お好みで選ぶと良いでしょう。

ヘッドは大きすぎないものを選びましょう

歯ブラシのヘッド(毛束)は大きい方が一度にたくさん磨けるような気がするかもしれません。ですが、大きな毛束は隅々まで歯ブラシの毛先が届きにくいため、隅々まで届きやすい小さめのものがおすすめです。

歯ブラシの使い方

1.鉛筆を持つように持ちましょう

鉛筆を持つように持ちましょう
まずは歯ブラシの持ち方が大事です。歯ブラシは手の平全体で持つのではなく、鉛筆を持つように持つと、歯に異常なダメージがかかりにくくなります。

2.鏡を見ながら順番を決めて磨きましょう

鏡を見ながら順番を決めて磨きましょう
特にコツがつかめるまでは、鏡を見て行うのがオススメです。漠然と磨くと、同じ側ばかりたくさん磨く、ということになりかねないため、左奥・前歯・右奥歯というように順番を決めて磨くと良いでしょう。また、噛む面→舌側→頬側のように、それぞれを分けて磨きましょう。

3.歯と歯茎の境目は、歯ブラシを45度の角度で当てましょう

歯と歯茎の境目は、歯ブラシを45度の角度で当てましょう
歯と歯茎の境目は、歯ブラシを45度の角度で当てましょう

歯の側面を磨く際は、歯と歯茎の境目を重点的に磨きましょう。この部分はプラークがたまりやすく、虫歯や歯周病の好発部位です。そのため、この部分を確実に磨けるように、歯と歯茎の境目は、歯ブラシを45度に傾けて、毛先を歯茎の中に若干入れ込むような気持ちで磨くと良いでしょう。

4.1〜2本ずつ磨くつもりで小刻みに歯ブラシを動かしましょう

1〜2本ずつ磨くつもりで小刻みに歯ブラシを動かしましょう
一回の動作で何本も磨くのではなく、できれば1〜2本ずつ磨くような感じで横に細かく動かして磨きましょう。

5.歯ブラシを歯に押し付けないようにしましょう

歯ブラシを歯に押し付けないようにしましょう
プラークは軽い力で落とすことができます。歯ブラシを押し付けても効果が高まるわけではなく、むしろ歯や歯茎を傷めますので、気をつけましょう。歯ブラシの毛先がぐにゃっとしならない程度で十分に磨けます。

歯磨き基礎知識

歯ブラシの交換の頻度

歯ブラシの交換の頻度
歯ブラシは、背面から見た時に毛先がはみ出して見えるほど開いたら交換しましょう。そのような状態で使っても歯磨きの効率が落ちてしまいます。もし毛先が広がらなくても、衛生面を考えて1ヶ月毎くらいには交換することをオススメします。

歯磨き粉について

歯磨き粉について
フッ素入りのものは歯を強化する効果が期待できます。ただし、歯磨き粉に過剰な期待はしないようにしましょう。歯磨きはあくまでも補助的な役割にしか過ぎず、一番大事なのは歯ブラシがきちんと汚れを機械的に落とすことです。そのような意味では歯磨き粉は必ずしも使う必要はなく、もしフッ素などの薬効を期待して使用するならばごく少量(小豆大程度)で十分です。
◆電動歯ブラシの時の歯磨き粉は研磨剤の入っていないものを使いましょう
電動歯ブラシはパワーがありますので、研磨剤入りの歯磨き粉は避けた方が無難です。そのため、研磨剤の入っていないジェル状や液体状のものを使うと良いでしょう。

電動歯ブラシってどうなの?

電動歯ブラシってどうなの?
電動歯ブラシと言っても色々なタイプのものがあります。ただ歯ブラシのヘッドが動いて機械的に汚れを落とすもの、音波や超音波の力で汚れを落とすもの、などです。電動歯ブラシに関しては専門家の間でも好みが分かれるところではありますが、音波や超音波のものの方が、歯に強い力がかかりにくく、また、効果的に汚れが落とせると言われています。
◆電動歯ブラシの方がよく磨けると一概には言えません
ただし、電動歯ブラシならば普通の歯ブラシよりもうまく磨ける、ということではなく、電動歯ブラシでも正しい磨き方ができていなければ、パワーが強い分、歯により大きなダメージを与えることにもなりかねません。そのため、いずれにしても、歯科医院で正しい歯磨きの指導を受けておくことをおすすめします。

歯ブラシ以外の清掃用具

歯ブラシ以外の清掃用具
歯ブラシだけより汚れの除去率が大幅にアップします
歯と歯の間は歯ブラシだけで落とすことができないため、歯間ブラシやデンタルフロスを使用しましょう。研究によれば、歯ブラシだけだとどんなに丁寧に磨いても6割程度の汚れしか落とせないのに対し、他の清掃用具を併用することで9割程度にまで汚れ除去率がアップするということがわかっています。

歯間ブラシ

歯間ブラシ
合ったサイズのものを使用しましょう
歯の間のサイズに合った太さの歯間ブラシを選び、ブラシの先で歯肉を傷つけないように歯肉に沿ってゆっくりと挿入し、ブラシの毛先が歯の面に当たっているか確認しながら前後に5,6回細かく動かして清掃してください。無理に通すと、歯肉が傷ついてしまうので、サイズ・使用部位に関してはスタッフに聞いてください。
◆歯間ブラシのお手入れ方法
一般的な歯間ブラシは使い捨てではなく、再使用が可能です。使用後の歯間ブラシは歯ブラシと同じように水でキレイにすすぎ洗いし、乾燥しやすい場所に保管してください。ブラシの毛先が乱れてくると、汚れが落ちにくくなったり歯肉を傷つけたりする恐れがあるので交換してください。

デンタルフロス

デンタルフロス

歯と歯の間を片側の歯面に沿ってのこぎりを引くようにゆっくりと動かしながら挿入します(勢いよく入れると歯肉を傷つけますので注意してください)。

隣り合った歯面の片方にまずフロスを押し付け、2~3回上下に動かし、清掃します。もう一方の隣り合った歯面も同じように清掃します。

デンタルフロスの使い方にもコツがありますので、一度歯科医院で正しい方法の指導を受けることをおすすめします。

毎日のケアをどんなに丁寧に行っても、汚れが取り切れない場所というのは出てきてしまいます。そのため、歯の健康を保つために、定期的に歯科医院でのクリーニングを受けるようしましょう。

医院からのお知らせ
テニス大会
口コミ体験談 Powered by EPARK歯科
ENGLISH AVAILABLE
Instagram
どんなお悩みでも
遠慮なく何でもご相談ください
飯田歯科では、皆さまのすぐ身近な歯科医院・歯科医師として努めると同時に、インプラントや矯正歯科といった専門知識を必要とする分野でも、対応可能な環境を整えております。
どんなお悩みも遠慮なくご相談ください。
お電話でのお問い合わせ
お問い合わせ